So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

第17章 - ミファーとの記憶 電気の矢 - [ゼルダの伝説 BW 冒険日記]

zelda_bw_top.jpg
llc20171121a.jpg ゾーラの里に到着したリンクは、キングと会う前に里を見て回る事にした。
どうもゾーラ族というのは寿命がかなり長いらしく、100年前のリンクと親しかった人が沢山里にはいた。
100年前のリンクはゾーラの里にとって顔なじみだったらしい。

llc20171119a.jpg 里の中央には英傑ミファーの像があった。
どうもリンクはミファーとかなり親しかったようだ。

llc20171119a.jpg 里の希望、修造もといシド王子は主に女子に大人気だ。
どこまでも爽やかで熱い男でリンクも修造の事は気に入っていた。
やっぱりテニス一本でやってきただけあって心に歪みが無いのだろう(違

llc20171119a.jpg また、ゾーラ族の古株達はリンクを憎み忌み嫌っている。
100年前にガノンを討伐出来なかったばかりか、里の希望ミファーまでも失うという結果に関して、ハイリア人であるリンクとゼルダにその責があるという事のようだ。
ぶっちゃけひどいとばっちりだが、それだけミファー喪失の痛手が大きかったという事なのだろう。
「人は時として間違っているとわかっていても心の拠り所を求めるものなのさ(15歳」
達観した視線で刺々しい言葉を受け流すリンク。

llc20171119a.jpg リンクの事をリンリンと呼ぶ人がいた。
「おまえどんだけ里に入り浸ってんねん」
そう突っ込まざるを得ないほど、どうやらリンクとゾーラ族は親しかったようだ。

llc20171119a.jpg 里を一通り巡り終わると、リンクは里にある「ネヅ・ヨマの祠」へ向かった。

llc20171119a.jpg この祠の仕掛けは結構難しかった。
順序としては・・・
・坂の一番上まで到達(石玉が止まる)
・最上段の鍵となる玉を爆弾で右サイド通路へ吹っ飛ばし入り口付近に落とす
・鍵玉をビタロックで止めて吹き飛ばし、所定の位置にはめ込む
こんな感じ。
正直、鍵の玉を爆弾で吹っ飛ばすのが正しいかどうかは不明。
鍵玉の右サイド側で爆弾を爆破すれば結構簡単に右通路に飛ぶので、まあこれで正解なのかも。

llc20171119a.jpg 玉をビタロックで止めて吹っ飛ばす時は槍で突くと方向を定めやすい。
また、鍵となる玉は基本押せないが、実はちょっぴりだけ押せる(体を当てる感じ)ので、ちょびっとずつ位置をずらしたりも出来る。

llc20171119a.jpg 多少苦戦しつつも克服の証ゲット。
これで祠へ飛べば実質ゾーラの里にワープできる事になる。

祠を攻略したリンクはキングに会いに行くことにした。
キングの名はドレファン、側近としてムズリが隣に居た。
やはりドレファンもリンクを知っていたが、リンクにはその記憶は全くなかった。
この謁見の内容を要約すると・・・
ガノンの影響か暴走し無限に雨を生成する「神獣ヴァ・ルッタ」。
なんとかしないと里もハイラルも水没し滅ぶ恐れがある。
神獣ルッタの肩に「電気の矢」を打ち込めばルッタを直せるが、ゾーラ族は「電気の矢」に触れない。
そんなわけで、ハイラル人にその役目を頼みたい。
という事で今回その役目を担うのが英傑リンク、リンクはこの話を引き受ける。

さて、ドレファンは良くてもハイラル人が憎い側近ムズリはこの話が面白くない。
しかもあろう事かリンクであれば尚更。
「電気の矢」獲得場所を知るムズリ説得のすったもんだの最中、ミファーに関する記憶がリンクの中で蘇る。

llc20171119a.jpg 頑固なムズリ説得の切り札としてシド王子もとい修造はリンクにゾーラの鎧を着るように提案する。
ミファーの想い人しか着れないはずの鎧をリンクが着ているのを見るムズリ。
ミファーの真意を知り状況を受け入れる事にするムズリ。
リンク達に「電気の矢」の有りかを伝える。

llc20171119a.jpg この付近に「雷獣山」があり、そこに居る雷の弓の使い手、獣人ライネルが居る辺りに電気の矢が沢山あるであろうとの事。
フムフム、ゾーラの石碑に刻まれた文書によると、100年前ライネルはリンクによって討伐されているようだが、100年経った今、因縁の対決再びといった所だろうか。
神獣ルッタを正常に機能させるには「電気の矢」が少なくとも20本は必要との事。
作戦としては、リンクが矢を集め、その後修造と合流、協力して神獣ルッタに挑むという事になった。

llc20171119a.jpg 雷獣山はこの辺。
シド曰く、ゾーラの鎧を着て滝を登ればすぐに着くらしい。

llc20171119a.jpg 滝を登るリンク。
もはやリンクというか完全にトビウオ、おまえの運動神経は一体どうなっているんだと小一時間。
まあゾーラの鎧のおかげではあるけど。

さて、再びあいまみえるとはライネル君、久し振りでは無いか。
前回、辛勝したとは言えボコボコにされたリンクは、その戦いから多くを学び、そしてそこから多くを改善していた。
リンクはおもむろに「ガーディアンアックス++」を構える、彼はエリクサーを最後まで使わないタイプの人間では無かった。
死闘数分、前回と比べあっけなくライネルは倒れる。
「二のつては踏まないんだぜライネル」
ちなみに、別に矢が20本手に入ればライネルは倒さなくても良いらしい(え

llc20171119a.jpg 朝日を浴びながら優雅に「電気の矢」を回収するリンク。
それにしてもここは景色が良い。

llc20171119a.jpg 集まった電気の矢は全部で40本。
神獣ルッタを直すには恐らく十分だろう。
眼下に見えるルッタを捉え神獣奪還に決意を新たにするリンクでありました。
続く

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第16章 - ゾーラの里へ - [ゼルダの伝説 BW 冒険日記]

zelda_bw_top.jpg
llc20171121a.jpg ふっふーん ふっふっふーん♪
ひたすらリンゴを煮るリンク。

llc20171119a.jpg 「リンゴ一個が3ルピー、集めて煮詰めて50ルピー」
出来上がった料理をひたすら売りまくるリンク。

llc20171119a.jpg ひたすら薪を集めるリンク。

llc20171119a.jpg サクラダファミリーと何やら交渉するリンク。

llc20171119a.jpg 本気を出すサクラダファミリー

llc20171119a.jpg こうしてリンクはハテノ村雑貨屋裏手の空き家を買い取り、マイホームをゲット。
そして内装、外装を全部作ってもらう。
いくつか武防具を飾り大満足のリンク。
欲を言うともうちょっとアイテムを保管できるのかと思ったが、世の中そう甘くは無く、アイテム保管箱みたいなものは無かった。
でもまあ武器や盾を飾って置けるというのはベリーナイス。

llc20171119a.jpg さて、リンクはそろそろ四神獣の奪還に向かう事にした。
まずは北側へ向かって神獣を探す事にしたリンクは、とりあえず近場の祠を攻略しワープ地点を作ることにする。

llc20171119a.jpg 目的地へ向けて直線でラネール山から滑空するリンク。

llc20171119a.jpg スタミナ厨リンクはひとっ飛びで「ルッコ・マの祠」へ到着。
周りのリザルフォスもとい川モブを蹴散らし祠の攻略へ向かう。

llc20171119a.jpg ここは中央の石をクルクルまわまして5個の燭台に火を灯せばOK。
奥の高所にある宝箱は足場を爆弾で吹っ飛ばせば下に落ちてくる。
リンクはサクッと克服の証をゲットする。

祠付近に野太刀リザルフォスを発見。
なかなか素早く出来る奴、しかし御剣流の継承者の前では無力。
天才剣士リンクは侍川モブを撃破。

llc20171119a.jpg 付近を捜索していると遥か上空をネルドラが優雅に泳いでいる。
これはなかなか神秘的な眺め。
どうやらネルドラは元気らしい、良かった良かった。
ここまでリアルで存在感のあるジャパニーズドラゴンはそうそう滅多に見れるもんでもない。
リンクはしばらくネルドラを眺める。

llc20171119a.jpg 祠を起点に探索を進めようと思ったが、どうも雨がどこまで待っても止まずに滑って山が登れない・・・
さっぱり探索が進まないので、リンクは一旦ラネール山へ戻り、高所から北地区を眺める。
遥か彼方に見える塔、届くかわからないがリンクはその塔目指して再度滑空する。

llc20171119a.jpg スタミナをひたすら増強した効果は伊達では無く、塔付近に無事降り立つ事が出来たリンク。
塔を囲むようにワンサカ沸いているゴブリンの一団を殲滅する。

llc20171119a.jpg 丘を登り「ラネールの塔」へ到着。

llc20171119a.jpg 豊富なスタミナを活かしあっという間に頂上へ辿り着いたリンクは、頂上の踊り場で魚人みたいなノール氏と出会う。
「小生はゾーラ族の ノールという者だ」
どうもノール氏はゾーラの里の王子と共にハイリア人を探していたが、色々あって自分だけが塔に取り残されたらしい。
なので、下にいるシド王子に今の自分の居場所を知らせたいそうだが塔が高すぎて手立てが無いらしい。
「ふーん」
聞き流すリンク。

llc20171119a.jpg リンクはとりあえずノール氏は放っておいて塔を起動した。
付近の情報がシーカーストーンに書き込まれる。

llc20171119a.jpg 次にリンクは下にいるらしい王子を探しつつ、眼下に見える祠へ向かう為塔からダイブ。

落下中どうやら王子らしい赤い物体を発見、付近に着陸。
王子らしき赤い物体が話しかけてきた。
「オレはシド! ゾーラ族の王子だ!」
なんだかもの凄く熱く爽やかに語る王子にリンクは圧倒されつつも”修造”というあだ名を心の中で付けておいた。
また、修造によるとこの付近一帯の雨が止まないのは「水の神獣ヴァ・ルッタ」の影響で、そのせいでゾーラの里は存続の危機にさらされているらしい。
なるほど、雨が止まないのはバクではなかったらしい。
何かよくわからないがリンクの力が必要らしいので、修造の頼みを聞き入れ、リンクは一路ゾーラの里を目指す事になった。

llc20171119a.jpg 何はともあれ、とりあえずすぐそこの祠を攻略に向かうリンク。
「サオ・コヒの祠」到着。

llc20171119a.jpg ここは何度もプレイしているバトル一本の祠。
しかもこれまでで一番簡単だったので特にどうという事は無し。
リンクはさっさとガーディアンを粉砕する。

llc20171119a.jpg 克服の証ゲット。

祠を出たリンクは直ちにゾーラの里へ向かった。
道のりは長く、リザルフォスもとい川モブが元気いっぱいで襲って来る。
更にポイントポイントで修造が出現するというオマケつき。
しかしこの修造、ただ熱いだけの男では無いような気がする、おそらくリンクの立ち回りをよく分析しているような気がする。
やはり一族の王子、ただテニスばかりやっていたというわけでも無さそうだ(違
リンクは道のりの長さに少し疲れたものの、ラネール山に比べると敵の強さは大したことは無く。
暗殺道に磨きをかけつつ、順調に歩を進める。

程なくしてゾーラの里へ到着するリンク。
なんだろうここは、里というか神殿というか、まあ確かに魚人っぽい感じのする集落だとリンクは思った。

llc20171119a.jpg とりあえず修造もといシド王子は”キング”に会って欲しいとの事。
里に到着し一呼吸置きつつ、神獣奪還に向けて一歩前進したことを実感するリンクでありました。
続く

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第15章 - 祠巡り ラネール山の精霊 ネルドラ - [ゼルダの伝説 BW 冒険日記]

zelda_bw_top.jpg
llc20171121a.jpg 来たるべき戦いに向けて祠巡りをし、自身のパワーアップを計るリンク。
以前ハテノ砦で出会った学者が何たらこうたら言っていた謎の祠の攻略に挑む。
”呪われし石像 闇の光が宿るとき その眼を貫け・・・”
llc20171119a.jpg シーカーセンサーを頼りに祠があると思われる地点で夜を待ち、付近の石像をチェックするリンク。
一体、怪しく目を光らせる石像を発見。
弓矢で目を貫く。

llc20171119a.jpg カム・ユオの祠出現。

llc20171119a.jpg この祠はビタロックで上手い事ギアを止めればOK。
ちょっと動きを眺めていれば攻略は簡単。

llc20171119a.jpg 祠の発見が一番の難所。
克服の証ゲット。

祠を探していると、以前ライネルに妨害され倒せなかったヒノックスが寝腐っているのを発見。
こんな汚い巨人を野原に放っておくわけにもいかないので、リンクはとりあえず自然をクリーンにしておく。

llc20171119a.jpg また、別の所でも汚い巨人が爆睡しているのを発見。
リンクは同様に自然を汚す巨体を処分しておいた。

llc20171119a.jpg 次にリンクは以前、シーカーストーンが反応したものの祠を発見する事が出来なかったラネール山東辺りへ向かった。
ある程度シーカーストーンの反応に対するコツを覚えたリンクは爆破できる壁を発見。
中にある「ターノ・アの祠」を発見。
この祠は別に謎解きは無く、発見=祠クリアみたいなもので、お宝+克服の証をゲット。

llc20171119a.jpg 次にリンクは以前既に見つけてあった、謎解き交じりの祠の発見の乗り出す。
ラネール山の北の辺り、平原に鳥の吟遊詩人がおり、こんな事を歌っている。
”命芽吹く緑の大地 馳せるは二本の槍を携えし獣 その獣に跨る時 勇者の試練が姿を現す”
ぶっちゃけリンクはよく意味がわからなかったのでスルーしようかと思ったが、途中大きな角を持った牡鹿を見たときピンときた。
”二本の槍を携えし獣”
はっはっ~ん
リンクは勝ち誇った笑みを浮かべた。
llc20171119a.jpg リンクは牡鹿を一匹乗りこなすと曰くの場所へ連れてくる。

llc20171119a.jpg 「ミーズー・ヨの祠」出現。

llc20171119a.jpg この祠の仕掛けは結構難しかった。
リンクは弓とリモコン爆弾を上手い事使い、祠の謎を解いた。
多分正規の方法でも無い気がしたが結果オーライとした。
そんな感じで克服の証ゲット。

llc20171119a.jpg 次にリンクはラネール参道の大きな滝付近にあると思われる祠へ向かった。
実は既にシーカーストーンが反応する事は知っていたが何処にあるのかわからず放置していた場所だったりする。

llc20171119a.jpg 祠は滝の中にあった。
滝の中に入って少し崖を登ると「ダウ・ナエの祠」を発見。

llc20171119a.jpg ここは三つの宝箱を一箇所に集めればOK。
難なく克服の証ゲット。

llc20171119a.jpg 次にリンクは”姫しずか(素材)”採取と妖精確保の為にカカリコ村へ戻った。
ついでにパーヤをウツシエで撮影しておこうと思ったらパーヤが何か困って座り込んでいた。
どうやら村の宝珠がイーガ団に盗まれたらしい。
あんな玉リンクはどうでも良かったがパーヤが困っているようなので何とかする事にした。

llc20171119a.jpg リンクが協力してくれることになり、一晩経ち、落ち着いたパーヤをリンクはすかさず撮影しておいた。
「よっしゃ良い絵撮れた!」
と心の中で小躍りするリンク。

llc20171119a.jpg はい、宝珠略奪事件の重要参考人はこいつ。
最初から挙動がおかしいし。
こいつが犯人じゃないけどこいつに注視しておけばこのクエは余裕。

ドゥランを密かに追って行くとイーガ団幹部と戦闘に。
結構一撃が痛いので注意が必要、ただ動きはデカくパターンも読み易いので強くは無い。
むしろリンクが注視したのはこいつが持っている武器。
何とか武器を落とそうと爆弾をぶん投げるがなかなか落とさない。
結局普通に倒してしまった直後にボタン連打で「風斬り刃」ゲット。
これはまさに抜刀の天才リンクの為にある武器。
(ちなみに実際の話、3、4回トライしてゲットしていて、なるべく近くで倒してAボタン連打するしかないかも。イベントシーンに入ってしまうと落ちた武器は消えてしまう模様)

llc20171119a.jpg はい、そんなこんなで「ラーナ・ロキの祠」出現。
ここも特に仕掛けは無く、発見=克服の証ゲットの祠。

llc20171119a.jpg 次にリンクは難しそうなので一旦後回しにしていた祠クエスト「ラネール山のお宝を探れ!」に着手。

llc20171119a.jpg このクエは多分ハテノ村地区の目玉とも言えるラネール山に関するメインクエストと思われ。
ラネール山頂上付近にあると思われる知恵の泉に挑むクエスト。

llc20171119a.jpg 場所は多分ここ。
以前ネルドーラ雪原と間違えて突っ込んで無事死亡した地点付近。

ここは防寒具でも寒さを防げないのでピリ辛グルメを頬張り寒さに対抗するリンク。
寒さで動きが鈍り、加えて斧を使っていた為苦戦するリンク。
かなり被弾、苦戦しつつも何とか山頂へ辿り着く。

知恵の泉の銅像から声が聞こえる。
「ここにいるのは この知恵の泉の使い ラネール山の青き精霊ネルドラ・・・」
どうもガノンの呪縛でグロい姿になっているらしい。

自慢のスタミナを駆使しネルドラに纏わりつくガノンの怨念を射抜くリンク。
ラネール山を飛び回る戦いの末ネルドラを開放する事に成功する。
ラネール山を包んでいた暗い邪念が取り払われる。
最後にネルドラを射抜くとネルドラの鱗を入手。

llc20171119a.jpg ネルドラの鱗を泉に投げ入れると「ジタ―・サミの祠」出現。

llc20171119a.jpg ここも特に仕掛けは無く、強力な槍と克服の証を入手。

llc20171119a.jpg 早速スタミナを増強するスタミナ厨リンク。

llc20171119a.jpg ハテノ古代研究所屋根上から夕陽を眺めるリンク。
そろそろ一体神獣を奪還しようと思うのであった。
続く


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の3件 | -
8bit世代な管理人が頑張って作っているブログのようなもの。
主に日常を垂れ流す事に専念した内容がほとんど。
また、自分はゲーマーであるという事にしてゲームをちょくちょくプレイして記事にしたりする。

作っている人
「L」Laridae カモメ科
「L」Larus カモメ属
「C」Canus カモメ
=L.L.C
「そんじょそこらのカモメじゃねぇ、俺は生粋のカモメなんだ」という熱い想いが込められたニックネーム。
Copyright (C) snusmumriken.blog.so-net.ne.jp All Rights Reserved.