So-net無料ブログ作成

Middle-earth: Shadow of Mordor [Gamerの戯言]

llc20161005a.jpg
Middle-earth: Shadow of Mordor
PS3 & 4 / Xbox One & 360 / PC
公式サイト
既に数年前のゲームですが、未だにSteamセール時には上位に上がってくる人気のあるタイトルで、ずっといつかプレイしてみようと思っていたので今回プレイしてみました。
ローカライズはSteam版は字幕のみ。
一昔前に流行った「セミオープンワールド+インタラクティブバトル」というゲームスタイルの定番とも言える作品だと思います。
指輪物語@番外編 ▽
llc20161005b.jpg
llc20161005c.jpg
llc20161005d.jpg
llc20161005r.jpg
日本でも大ヒットした「指輪物語」を題材としているのはもちろんなんですが、このゲーム単体で完結されたオリジナルなストーリーが展開されます。
原作の雰囲気を完璧に再現しつつ、出来る限りわかり易い展開を敷いている点は良いと思います。
ただ・・・
ゲーム冒頭の展開は非常に重く、いきなり救いようがありません。
主人公の残虐性に正統性を保たせる為の導入要素なので、しょうがないと言えばしょうがない部分ですが、重苦しい雰囲気がゲーム中盤まで延々続くのでちょっとキツいなとは思います。
その辺りを考慮してなのか、中盤以降、ゲームの背景はかなり明るくなって行きます。
いやー良かった良かった。
ゲーム中、ストーリー自体は非常に丁寧に描かれるんですが、如何せん指輪物語の世界はあまりにも複雑で固有名詞が多く、雰囲気は伝わってくるんすが詳細がイマイチ掴めません。
正直な話、予備知識無しにこのゲームの世界観を楽しむのは難しいと思います。
多分・・・
「全体的に雰囲気が暗くて、気持ち悪いオークが沢山出てくるゲーム」というネガティブな印象を払拭出来得る程、指輪物語は日本人にとって馴染みが無いと思います。
丁寧に描かれているし映画でお馴染みのキャラクター等も登場しますが、それでも訴追力は薄いという所です。
インタラクティブバトル ▽
llc20161005f.jpg
Shadow of Mordorのバトルはタイミング良くボタンを押す事で半自動で展開します。
一見もの凄く格好良く複雑な動きをしますが、実は操作は簡単です。
単に押すべきボタンを押すべき時に押すだけです。
ただ、ある程度攻撃方向を操作する必要はあります。
操作は簡単ですが、出来る事は多く、コンボからのフィニッシュ、倒れた相手へのとどめ、反撃、回避、幽鬼攻撃、等々、各ボタンをリズム良く使い分ける必要があります。
また、敵は大群で襲ってきますが何故か集団でボコってきたりはせず、礼儀正しく順番に立ち向かってくるため、とてつもない数の敵でも結構なんとなったりします。
敵の大部隊を華麗にさばいたりすると満足感がありかなり爽快です。
llc20161005g.jpg
llc20161005h.jpg
また、Shadow of Mordorには剣による殴り合いの他に二つ、ステルスと弓によるバトルが用意されています。
結構な大群でも捌けてしまうシステムとはいえ、確実に勝つためにはステルスからの暗殺やドレイン(敵を味方にする)、弓による先制攻撃を駆使し敵の頭数をどれだけ減らせるかという点もかなり重要です。
特にステルスモードは出来が良く、プレイしていて楽しいです。
これら大まかに三つの要素をバランスよく織り交ぜつつバトルは展開します。
アクション性はそれ程高く無い分、キャラクターのリアクション、フィニッシュモーション等は素晴らしく、画面を華麗に舞う主人公の姿は見ていて気持ちが良いです。
ただ・・・このバトルには実は問題も多いです。まず、攻撃ターゲットが明確に指定できない為、こちらの攻撃はある程度当てずっぽうになります。
敵によっては通常の攻撃が効かない敵もいる為、特殊な敵が一体混じっているだけで途端にバトルの難易度が上がってしまいます。
また、同様にどの敵が攻撃してくるかもわからない為、回避方法の異なる敵が混じるとこれも 同様に突如難易度が上昇します。
更に最も頂けないのは、どの敵も似たような容姿をしており、どれがどの種類に属する敵なのか極めて分かり辛いという点です。
特に判別不能なのが「強化オーク」と「中ボス?」、普通のオークだと思って後ろからステルスキルしたら中ボスだったとか、強化オークを普通に殴って反撃くらいまくりとか、とにかくパッと見全部オークだから始末に負えない。
足元に何か分かり易いマーカーを置くとか、ターゲットをハイライトするとか何らかのガイドが欲しかったです。
もう一点頂けない部分として・・・
「敵がトレインしまくり&リスポーン早過ぎ」
という点を挙げないわけにはいかないと思います。
とにかく、一度オークに見つかったが最後、殴りだしたら無限にオークが湧いてきます。
気が付いたらもの凄い数のオークに囲まれている、折角苦労してステルスキルを続けて、ふと振り返れば後を追うようにさっき倒した場所に既にニューオークがリスポーンしてる等。
特に序盤、この辺りのバランス調整の粗さが原因で無理ゲー化してしまう場面がよくあるのは何とかならんかなと思います。
Shadow of Mordorのバトルには楽しい要素が一杯あるし、クリアした時の満足感も高いです。
ただ改善して欲しかった部分も多いのも事実だと思います。
llc20161005e.jpg
システム面 ▽
llc20161005j.jpg
llc20161005k.jpg
llc20161005l.jpg
キャラクターの成長要素は主に三つ。
まず何より重要なのはアクティブアビリティ、所謂スキル。
このゲームの目的は主にプレイヤーキャラの強化がそのほとんどで、その中でも最も重要なのがこのスキル。
まずはフィニッシュ攻撃関連を優先して解放すると乱戦で活路が見いだせます。
出来るだけ早く、アクティブアビリティは解放してしまった方が良いです。
残る二つの成長要素が・・・
1つがパッシブ系アビリティ、もう一つが敵の中ボスを倒すと手に入るルーン。
手に入るルーンの効果はランダム、中ボスの倒し方によってある程度、ドロップするルーンを特定する事が出来ます。
ルーンは、剣、弓、短剣に装着して使用します。
キャラクターの成長要素はこんな感じ。
奥深さは無いんですが、徐々にアクションが解放されキャラクターが強くなって行くのは単純に楽しいです。
llc20161005i.jpg
ゲームデザイン ▽
llc20161005m.jpg
プレイヤーはオープンワールドのマップを自由に歩き回る事が出来ます。
大きさとしては広大という程では無く、どちらかと言えばミニマムだと思います。
マップ上には、メインクエスト、抗争ポイント、ミニアクションポイント等が散在し、自由にプレイする事が出来ます。
ただ、オープンワールドとは言え、特にマップに特殊な施設や町が存在するわけでは無く、ひたすらオークが徘徊しているだけなので、オープンワールドとまで言えるかどうかは微妙です。
llc20161005n.jpg llc20161005o.jpg
マップ上には色々探索要素も散りばめられています。
特にクリア必須では無いですが、パッシブ系アクティビティ等の解放に役立つので時間があれば探してみても良いかもしれません。
また、Shadow of Mordorの世界ではオークの群れが小隊を組み、オーク同士で常に覇権を争っており、メインストーリーとは無関係に(完全に無関係でも無いですが)派閥争いを繰り返しています。
その為、マップ上のオークの配置はランダムで常に変わっているし、オークの小隊は常に移動しています。
これは面白いと言えば面白いんですが、このオーク小隊がアクションイベントの課題を妨害してしまう事が多々あり、この辺りについては調整不足を感じます。
それにしても、どうしてこんなにオークを大きく取り上げているのか・・・
激しく謎です・・・
llc20161005p.jpg
考察 ▽

何よりも、バトル、ストーリー、オーク達等々、あらゆる点に於いて「魅せ方」が上手いです。
これは、特にバランス面に雑な面が多く見られながらも、それらを補って余りある大きな魅力として機能していると思います。
特に序盤、相当苦労する場面があったとしても、これらの利点の強い印象によってマイナス点はかき消されます。
ゲーム全体のボリュームは充分ありますが、プレイヤーキャラクターの成長の上限がある程度見えてくると途端にプレイする意欲が無くなります。
オークのランダム性や、引き伸ばされたマップ構成によって緩和されているとはいえ、Shadow of Mordorにはプレイヤーキャラの強化以外の、ゲームを楽しむ要素が根本的に不足気味です。
おそらくは、初見プレイでは苦労しながらもかなり楽しめるゲームだと思います。
繰り返しプレイするタイプのゲームでは無いですが、「見応えのある」良質なアクションゲームと言えるのでは無いかと思います。
llc20161005q.jpg
Shadow of Mordor Conclusion
GOOD
  • △見応えのあるバトル
  • △優れたステルスアクション
  • △「指輪物語」の高い再現度
  • △無骨だが悪くない主人公像
  • △モーションとフィニッシュのセンス
BAD
  • ▼▼過剰なトレインとリスポーン
  • ▼判別出来ない敵の種類
  • ▼ジャンプとダッシュが同じボタン
  • ▼気味が悪過ぎるオーク
  • ▼全体的な内容不足感
Score
82

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright (C) snusmumriken.blog.so-net.ne.jp All Rights Reserved.