So-net無料ブログ作成
検索選択

Viking Squad [Gamerの戯言]

llc20161009a.jpg
Viking Squad
PS4 / PC
公式サイト
今回は最近リリースされた、アニメ調のグラフィックが綺麗な2D横スクロールアクション「Viking Squad」(Steam版)をプレイしてみました。
「Castle Crashers」ライクな要素を豊富に持っていますが実際のアクション部分は似て非なるもので、ゴールデンアックスとかファイナルファイトとか、その辺の系列に近い感じがあるゲームだと思います。
今の所日本語には対応していませんが、殆ど言語が出てこないゲームなのでプレイに支障はほぼ無いです。
ゲームデザイン llc20161009b.jpg
背景設定みたいなものはゲーム開始時に軽く挿絵が入る程度なので想像するのみなんですが・・・
ヴァイキング族(?)のボスがお金に困っていて、そこを何か良からぬ連中に付け入れられ、 変な宝石でボスが悪い人になってしまい、勇気あるヴァンキング族の勇者がその辺を何とかする為に戦ったり金策したりする。
多分そんな感じ。
ゲーム最序盤にチュートリアルがあり、大体の操作はそこで掴めるようになっています。
llc20161009d.jpg
全体的なゲームのデザインとしては、基本ステージクリア型2D横スクロールアクション。
全体Mapが存在し、一度クリアしたステージは何度でも挑戦可能、また、プレイヤーサイドの機能をまとめた場所として待機所(?)エントランスようの場所が存在します。
ステージの合間や再スタート時等、この待機所を起点としてゲームは進行して行きます。
レベルや、取得アイテム等はセーブされるし通貨もあるので、軽くRPG的な要素も持ち合わせます。
この辺りの大まかなゲームの作りはCastle Crashersに良く似ていて、特に待機所やゲーム全体を通して感じられる軽いノリには両作通ずるものがあると思います。
llc20161009c.jpg
llc20161009e.jpg
llc20161009f.jpg
ゲームは全4ステージ+α、各ステージはいくつかのエリアに分かれています。
ステージのラストにはボスが待ち構えていて倒せばステージクリア。
ボリューム的にはどうだろう・・・一周目をクリアするまでが8~10時間ぐらいとか、そんな感じ。
シンプルなステージクリア型アクションの3倍ぐらい、おそらくそのぐらいのイメージ。
アクションの難易度としては「若干高め」という感じ。
ただし、エリア単位で少しづつクリアして行けば良いので、全体として考えれば難易度は低いかなと思います。
ちなみに、2週目からハードモードが解放されます。
アクションが得意な人は2週目ぐらいの難易度が丁度良いかもしれません。
ステージは基本的には一本道ですが、所々「隠し部屋」「隠しルート」が存在し、レアなアイテムなんかをゲットできたりします。
全体的なゲームデザインとしてはもの凄くCastle Crashersライクだと思います。
お宝回収 ▽
llc20161009g.jpg
llc20161009h.jpg
Viking Squadの独特な要素として「お宝回収」が挙げられます。
ステージ途中で等身大サイズの「お宝」が出現し、これをステージ中ずっと持って歩くことができます。
この「お宝」は、例えばエリア間の区切りまで持って行き、自分の船に乗せるとレベルUP等に必要なアイテムに交換できます。
また、そこで妥協せず、更に先のエリアまで持ち運び続けると、隠しルートを解放したり更なる利益に巡り合えたりします。
また、この「お宝」にはライフがあって、道中敵の攻撃を受けると削れていき無くなると多分壊れます。
常に持っている必要は無いし、敵を一掃してから取りに戻る事も出来るので運搬自体は面倒だけど難しくはありません。
ただし、ステージの最初に置いてある「お宝」を、いくつかのエリアをまたいでステージ最後まで持って行くには当然ステージを通してノーミスでクリアする必要があります。
この辺りはViking Squad独自のゲームシステムです。
ちょっと面倒だし、これがこのゲームにとってプラスに機能しているかと聞かれれば微妙なんですが、ある程度ゲームが進んでアイテムコンプリートを視野に入れ始めた頃、中々面白い変化球として機能してくるので、悪くは無いのかなとも思います。
llc20161009p.jpg
アクション ▽
llc20161009j.jpg
llc20161009k.jpg
Viking Squadは2D横スクロールライン移動型アクションゲームです。
軽快でテンポの良いバトルはプレイしていて楽しく、操作レスポンスも良いです。
基本的なアクションは・・・
  • 通常攻撃
  • ルーン攻撃(魔法)
  • ジャンプ
  • ポーション回復
  • 回避 / ブロック
  • 掴み(倒れている敵)
  • ダッシュ攻撃
  • スペシャルマジック
通常攻撃ボタンとルーン攻撃ボタンを組み合わせる事で、XY、XXY等コンボ技が出せます(コンボ技は攻撃力を上げると解放されます)。
また、ルーン攻撃は通常のルーン攻撃に加え「溜め攻撃」も存在します(ルーン攻撃力を上げると解放されます)。 ぶっちゃけ、この辺もまんま、Castle Crashersです。
しかし、Viking SquadとCastle Crashersの最も大きな違いはキャラクターの使用感にあります。
プレイヤーキャラクターは全4人でそれ以上増えないものの、しっかりとした個性があり使用感が全く違います。
それぞれの特徴は・・・
  • 盾持ち / 強力な氷系凍結ルーン攻撃
  • 弓 / 遠隔レーザービーム / リーチが短く発生の遅い通常攻撃
  • ハンマー / 標準的性能 / 全体的に扱いやすい
  • 2刀流 / 立ちコン連続攻撃 / 突進ルーン攻撃 / 何故かドロップ運が良い
どのキャラクターも一長一短、得手不得手な局面を持っています。
操作感やアクションに明確な個性を持たせ、それでいてある程度のバランスを保っているのはViking Squadの良い部分だと思います。
llc20161009q.jpg
アクションは全体としてみれば及第点だと思うんですが、問題も多くあると思います。
まず、プレイしていて最もストレスなのが、倒れている敵の付近で通常攻撃を出すと必ず「スタンプ(踏み付け)」攻撃になってしまうという点です。
倒れている敵が近くにいる場合、どうやってもそれ以外の敵を攻撃できないという、極めて頂けない状況になってしまいます。
率直に言ってスタンプ攻撃はボタンを別にした方が良かったと思います。
また、道中の雑魚敵に突如猛スピードで突進してくる敵が多く、前述のスタンプ現象によって通常攻撃が出し辛い点と相まってストレスを掻き立てます。
ボスに関してもライン移動や回避動作で殆ど無力化出来てしまう場面が多く、何らかの調整が必要だったような気もします。
全体的な敵の攻撃バリエーションの薄さと底の浅さ、また、折角の個性的なプレイヤーキャラクタのアクションとコンボを活かせない状況が多過ぎるという点が非常に残念です。
Viking Squadのアクション部分に関しては出来は悪くは無く、つまらないとうわけでは無いんですが、もう一歩何かが足りないという印象が拭い去れないというのが正直な所です。
llc20161009i.jpg
システム周り ▽
llc20161009m.jpg llc20161009l.jpg llc20161009n.jpg llc20161009o.jpg
プレイヤーキャラはステージ内で手に入る聖杯(?)のようなアイテムを使用する事でレベルアップ、能力を強化できます。
強化項目は「体力」「ルーンパワー」「攻撃力」の三つ。
各ステータスに特にひねりは無く、言葉通りそのままの能力。
ステージ中発見した新アイテムは待機所のショップに並び、これも聖杯で購入出来ます。
装備アイテムには「武器」「防具」があり、アイテムの種類については4人のキャラクターによってグラフィックこそ違うものの内容的には同じものです。
待機所にて消耗アイテムも購入できます。
消耗系アイテムについては普通のコインで購入します。
品揃えは「マジックオーブ」「キー」「ポーション」「ポーション効果UP」
ポーション効果UPは上限があるので効果が最大になったらそれ以上購入できません。
余った聖杯は10コインに交換する事も出来ます。
聖杯は待機所を出ると溜める事が出来ないので、ステージへと出発する前に余った聖杯はコインに変えておきましょう。
待機所ではアンロックされた隠し要素、また、まだ達成されていない隠し要素について閲覧する事が出来ます。
システム周りはこんな感じ。
武器や防具についてはもう少しボリュームがあれば良かったと思います。
アイテム固有のアクションなんかがあれば・・・とか、ちょっと物足りない感じです。
llc_anime20161009a.gif
考察 ▽
基本的にソロよりは皆でワイワイやってサクッとプレイするゲームかなと思います。
そういったプレイを想定した結構大雑把なバランス取りなので、ソロでプレイすると色々粗が目立って見えるのも事実です。
アクションの根本的な枠組みを修正するのが難しいとしても、敵の種類と攻撃パターン、武器防具だけでももう少し豊富にして欲しかったかなというのが正直な所です。
ただ、価格がリーズナブルだし、4キャラ全て極めようと思えば結構なボリュームです。
あまり突き詰めずサラッと楽しむには中々楽しいゲームだと思います。
Viking Squad Conclusion
GOOD
  • △アニメ調のシャープなグラフィック
  • △軽快なアクション
  • △4人のキャラクターの個性
  • △明確な”わかり易さ”
  • △ベストプライス
BAD
  • ▼▼強制スタンプ攻撃
  • ▼敵のバリエーションの薄さ
  • ▼不足気味のエクストラ要素
Score
76

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
Copyright (C) snusmumriken.blog.so-net.ne.jp All Rights Reserved.
L.L.C さんの記事から