So-net無料ブログ作成
検索選択

Acer Switch Alpha 12 @ファンレスCore i [PC]

ファンレス水冷がHTセレロンの熱限界に挑む
 攻めのAcer、相変わらずちょっと変態なAcer、そんなAcerはついにノートPCの冷却に「ファンレス水冷」という水冷界に於いても最もレアな領域に手を出してしまったようです。
実は・・・
Acerは「Aspire switch 11」にて、水冷では無いんですがファンレスCore i3を既に達成していたりします。
僕はこの「Switch 11」を使っていた時期があったんですが、Core iでありながら夏でも70℃台でCPU温度を抑えてくる優れた放熱設計に感心したのを覚えています。
Switch 11は確かCore i3 4012Y、1.5GHzデュアル&HT。
今回「Switch Alpha 12」に搭載されるのは「第6世代 Core i5 or i7」。
例えば三割ほど世代交代によって熱的効率が上がっているとして、ファンレスで実現できそうなのは良くて1.9GHzデュアルHT程度かと予想されます。
Core Mが熱的な問題を抱えていたという観点から、この予測は結構まんざらでもないと思います。
おそらく、ファンレスだと2.2~2.4GHz辺りで熱的なデッドラインを迎えると言えるでしょう。
さて、「Switch Alpha 12」の挑戦は果たしてノートPCのCPU、つまりぶっちゃけ「HTセレロン」をファンレスにて制する事が出来るのかどうか。
水冷をかじった僕の分析としては・・・
「水の熱伝導率は相当強力、発熱体が高温になるほど更にパワーアップする屈強に強い水冷の強みを活かし、タブレットのアルミ筐体全体に効率良く熱を拡散、タブレット筐体全体でファンレス排熱すれば多分大丈夫、一定以上に決して温度は上がらず、最高80℃前半で抑えられる、故、多分タブレットの特に裏面が結構熱いだろうね(的な」
まー
製品化されてるんだし、温度的には大丈夫なんでしょう。
ファンレスは良いです、クリーンで静かで、ノートPCが目指すべき指標の一つです。
問題は・・・
日本で流通するかはわからないという所でしょう。
出たとして・・・7万~8万ぐらいかなという感じです。
いやー・・・結構早くファンレス時代来そうだなー・・・

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

~「ガンオン」でFPSに慣れよう!~の巻 [Gamerの戯言]

ザクばっかじゃねーか!(憤激
llc20160410a.jpg
ここ最近、キーボードのW,A,S,Dキーを中心とするFPSの操作に慣れようと思ってマネーのかからないノーマネーマイライフなゲームを色々試していました。
・黒い砂漠
・PSO2
・ドラネス
ガンダム オンライン
とかその辺。
PSO2は昔少しプレイしていて、キャラも残っていたので良いかなと思ったんですが、僕はガンナー使いであった為、持ちキャラ完全復活にはどうもJTKが必要っぽくて面倒なので却下。
こういうツール系を使うのは何かもういいや。
PSO2はまだまだ人多いし運営のモチベーションも高いので良いんですけどね。
次にちょっとだけやった事がある「黒い砂漠」に再度挑戦。
このゲームはアクションがやっぱり良く出来ていてやっていて爽快で楽しい、操作もかなりFPS寄りだし、新キャラ作ってLv20近くまで頑張ったんですが・・・
好感度(?)とか、何故か全NPCと話さないと先に進まねーとか、いや貿易とかいいからとか、付加要素が膨大過ぎて却下。
何でこれ付加要素必須みたいな作りにしちゃったんだろうか・・・アクション面白いのになあ・・・
でもこのゲームは腰を据えてやるにはいいかもしれない、今回は無いけど。
次に「ドラゴン・ネスト」ことドラネスに復帰しようと思ったけどLv50からの突如別ゲー&パーティー強制仕様を思い出し妄想の時点で却下。
このゲームのアクション部分は相当良く出来てるんですけどね、多分オンゲー3Dアクションとしては屈指のクオリティでしょう。
そんな流れで次に「ガンオン」をやってみたんですが、対戦ゲームなので結構ボッコボコにされるけど、このゲーム50VS50で100人ぐらいの対戦だから下手糞でも大丈夫。
いや、大丈夫じゃないけど結構大丈夫。
操作系もFPS準拠なので、ここで培った操作スキルは色々流用出来るだろうし。
オンゲーだけどメインが対戦というだけあってコンテンツ的にもわかり易い部類。
積み重なった追加コンテンツの重みによって新規ドン引きというわけでも無いっていうのは結構珍しい事だと思います。
また、バランス的にキャラ物系ゴリ押し調整かと思いきや、むしろ武器強化系が地味にマニアックだったり、機体性能はそれ程関係なかったりと、中々どうしてこのオンゲーが長寿である理由がその辺なのかな、と。
むしろもう「ガンオン」でいいじゃないかっていう
要は・・・
BattlebornかOverwatchを購入する前に、FPSは僕にとって有用かどうかを試したかったんですが・・・
何かガンオンでいいんじゃんって感じになってきました(え
というか、5人とか6人のチームだと色々荷が重いなっていう。
また、5~6人とかだと、どっちかというと友達とやった方が楽しいだろうなっていう感じだし。
多分Battlebornは特にそっち寄りかな、と。
今後、FPS上手くなってきたらOverwatchにでも参戦しようかな、と、このゲーム息長そうだし。
最近は家ゲーとしては「ダークソウル3」とか「ミラーズエッジ」がやってみたい今日この頃だったりします。
PS4のリモートも興味あるし。
というか、ダクソは何であんなに絵がグロいんだろうか・・・
「グロさ」みたいなものをジャンル化するのはどうなのかって話。
ウィッチャー3なんてもはや子供が見たら気絶するし犯罪ってレベルだし。
多分僕的にダクソは相性の良いゲームなんだけど、もう絵がグロいし気持ち悪いし全体的に暗いしで・・・
絶対それで買わない人多いと思うんだよな・・・
あと必殺技欲しいな「九頭龍閃!」みたいな派手な感じ?爽快感?そういうの
どうでもいいけど暗いんだよねダクソってさ面白そうなのに(以下永遠ループ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「MADOSMA」はじめました~ゲーム&エンタメから総括~ [スマホ]

ゲームとか
■パックマン■
llc20160403q.jpg
■Crossy Road■
llc20160403r.jpg
■Youtube(Egdeブラウザ)■
llc20160403t.jpg
 WindowsPhoneの実力を検証するMADOSMA特集第三回。
今回はゲームとかから総括までを見ていきます。
WindowsPhoneが最も弱いとされる分野ですが、僕的には別に充分だと思います。
ちょっと時間を潰す程度のゲームは結構あります。
特定の「このゲーム」っていうものがあるなら話は別ですが、これで不満なら家ゲーでやれって話です。
でもツムツムはありません、大変悲しい事にツムツムはありません、重ね重ねお伝えしますがツムツムはありません、WindowsPhoneにツムt(ry
2chブラウザも無いので必要な時はPCででも見れば良いかな。
また、Youtubeアプリも良いものが無いんですが、幸いEdgeブラウザでの閲覧がAndroidアプリなんかと同じ感じなのでこれでいいかな。
ぶっちゃけ、スマホでYoutubeってデータバカ食いだからあんまり見ないし。
色々漁っている内に発見した「Crossy Road」がかなり面白いです、これはツムツムの穴を埋め得るヒット作でAndroidとかにもあると思うのでお勧めです。
総括
llc20160403s.jpg
↑進化するホーム画面
僕は結構Windows系列の物が周りに多く、だからといって別にWindows Loveというわけでも無いんですが、実際久し振りに使ってみて、WindowsPhoneはスマホとして優れているなって再認識したりしています。
特に、Windows10Mobileになって弱点を克服したWindowsPhoneは、基本的な機能も及第点を超え、全体として悪くない水準にあります。
何よりもシンプルにして合理的、更に統一された潔いUI周りは三大OS中最も優れていると思います。
また、書き忘れたんですが、Office系列アプリ、OneDriveアプリの完成度、同期速度、安定性は当然なんですが三大OS中最も高水準であり使っていて快適です。
OneNoteなんかはiOSやAndroidだと何故か同期が遅くイラッとするんですが、そういうのは一切ありません。
レスポンスにデバイスによるプライオリティみたいなものが設定されているのかもしれません。
Microsoft系のクラウドを使っているなら、これ程のベストチョイスはありません。
で、じゃあ何故普及しないのかって・・・
うーん・・・
なんだろ、無駄な機能がないから??いや、何かこうサポート的な、ちょっと突き放した感じ?女子力が無い感じ?
個人的には・・・あと5%、あと5%普及すれば一気にシェア2割ぐらいまでいけるような・・・
ただ・・・
別に無理に使うもんでもないし、逆に普及してきて調子に乗って機能ゴテゴテになってもそれはそれでもうWindowsPhoneじゃないし・・・
よくわからないんですが、WindowsPhoneにはある種のワクワク感があります。
僕が数年前、初めてiOSを使ったときに感じたソーシャルの理想、初期値みたいな。
iOSやAndroidがユーザーに迎合し過ぎた結果、無意味に膨張してソーシャルバカという微妙な到達点でピークを迎えてしまった今、そう、今こそ・・・
WindowsPhone
これが通のチョイスなんじゃないかと。
でも・・・
ツムツムはあってもいいんじゃn(ry

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「MADOSMA」はじめました~音楽&カメラ編~ [スマホ]

Grooveミュージック」@Appleロスレス再生可能
llc20160403n.jpg
llc20160403m.jpg
llc20160403p.jpg
 さて、WindowsPhoneの実力を検証するMADOSMA特集第2回。
今日は「音楽」&「カメラ」について見ていきたいと思います。
そんわなわけで、上の画像がWindowsPhoneの音楽再生アプリ「Groove」の実際の起動&使用画面です。
非常にシンプルで見易く良く出来たアプリです。
また、Windows10MobileもPC版Win10同様にAppleロスレスの再生に対応していました。
こういうOS間の独自仕様の共通化はユーザーサイドとしては嬉しい限りです。
実際替えた後で「ちくしょー」みたいな事態に陥らないのは何よりです。
MADOSMAの音楽再生の音質としては・・・
良く使っているイヤホンで聴いてみても音量不足という事もなく、音質も良く、充分に聴ける印象です。
ちなみに、スピーカーの音質も悪く無いようです。
特別良いというわけでも無いですが、音が割れたり篭ったりする事も無く普通に出ます。
↓再生中の「Groove」タイル画面(下の方(地味
llc20160403o.jpg
さて・・・
じゃあ何の問題も無いかと言えばそんな事があるわけがありません。
最大の問題は、ファイル管理です。
基本、WindowsPhoneに音楽ファイルを移動する場合、USBとかでPCと繋いで「Music」以下のフォルダに放り込んでおけばOKです。
もちろんPC版Win10にも「Groove」アプリが存在する為ここで簡単に同期することが・・・
出来ません。
何故なんでしょうか?最高に腹立たしいです。
せめて「PlayList」だけでも同期・・・
出来ません。
出来るって書いてあるけどどうやっても出来ねーから残念。
いくらPC版Grooveのプレイリストファイルを検索してもさっぱり出てきやしない。
ちくしょうゲイツめ詰めが甘いんだよ詰めが。
じゃあWindowsMediaPlayerなら同期・・・
出来なかった。
出来るらしいんだけど僕はバグりまくって出来なかった。
それ以前に、WindowsPhone上のファイルをWMPが認識しない、何故だろうロスレスファイだからだろうか?っていうかWMPはいずれ風化して行くアプリだからこれに頼るのはどうなのかって話だ。
ですが・・・
プレイリストはWindowsPhoneの「Groove」アプリで作れるので、とりあえず端末側で頑張って作っておいて、いずれバグが直ってからPCと同期出来れば良いかなと。
わかり辛くなったので要約すると・・・
WindowsPhoneで音楽聴くには、端末の「Music」フォルダ以下に音楽ファイルぶち込んで、後は端末上「Grooveミュージック」アプリで管理すればOKです(PlayListとか)、Appleロスレスも問題無く聴けます。
ただ現状、PC版「Grooveミュージック」との同期はバグで出来ないようです。
アプリの出来が非常に良いだけにこの辺りはちょっと残念ですが、WindowsPhoneの音楽機能のポテンシャルは対応ファイルの幅広さ、「Groove ミュージック」の優秀さも相まって結構高いと思います。
後はPCとの連携辺りをしっかりすれば、iTune程とは行かなくても充分対抗し得る魅力を持っていると思います。
現状でも、何千曲とか持ち歩くような相当ヘビーな人以外はWindowsPhoneの音楽機能は十分実用的だと思います。
MADOSMAのカメラ
llc20160403k.jpg
llc20160403l.jpg
llc20160403i.jpg
△MADOSMAにて撮影、サイズを半分に圧縮+JPG圧縮75/100での写真
何か意外と悪くない感じです、カメラ性能がちょっと心配だったんですが、別に僕的には何の問題も無く必要充分な感じです。
今時のスマホのカメラって、どれも結構凄いのかもしれません。
そりゃもちろん、Lumiaを使いt(ry
llc20160403x.jpg
△WindowsPhoneのカメラUI△
素晴らしいのはWindowsPhoneのカメラアプリのUIだと思います。
過去これ程使い易いカメラアプリはLumia152(ry
実際MADOSMAは光量が足りないとさっぱりフォーカスが合わないんですが、手動で合わせるとバッチリです。
このUIがあまりにも使い易いため色々と設定をいじりたくなってきます。
特に、AndroidのカメラUIは端末毎にバラバラでわかり辛く糞にも程があり、iPhoneもアホ程シンプル過ぎてどうにならなかったので、WindowsPhoneのカメラUIには感動ものです。
「つまりこんな感じだろ」
みたいな余裕が感じられるナイスUIです。
高水準
スマホ大ブレイクの副産物のおかげか、音楽もカメラも物理的なパーツとしては高水準なようです。
また、それらをハンドリングするOS的にも、WindowsPhoneは十分実用レベルでした。
特に、カメラUIは三大OS中最高レベルです。
欲を言えば、カメラはやっぱりLumiaのカールツァ(ry
甦れノキアj(ry
次回 ~エンタメ編その2&総括~

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「MADOSMA」はじめました ~基本動作編~ [スマホ]

なんでこの二者は・・・
llc20160403a.jpg
 Nexus5xを使いながら僕は思いました。
「何かしっくりこないなAndroidは、変な記事無理矢理垂れ流してくるし」
そこでNexus 5xを旅へ出し、安くなっていたiPhone5sを購入しました。
「iPhoneは良く出来てるな、ツムツム快適だし、でも何かこう息苦しいな、色々と、っていうか戻る ボタン遠いから」
そして三日で旅立たせました。
何かもうどうでも良くなって半分壊れた予備のAndroidスマホをWifiで使いながらふと思い立ちました。
「・・・そうだ、京都に行こう(違」
生まれ変わった「Windows10Mobile」の実力
■お馴染みのホーム画面周り■
llc20160403b.jpg
llc20160403c.jpg
良いと思います、可もなく不可もなく、こういうダイレクトな分かり易さっていうのはWindowsの特徴とも言えます。

■Twitter■
llc20160403d.jpg
僕が昔Lumiaを使っていたかもしれない頃はTwitterは恐ろしく糞な状態でしたが、最近UPdateされたらしく、非常にまともになっていて特に他のスマホと遜色無い感じです。
アカウントもマルチに変更可能です。

■Edgeブラウザ■
llc20160403e.jpg
どうなんでしょうか、色々細かいバグが残っており今後直るかどうかはわかりません。
ただ、スマホで調べものするぐらいなら十分かもしれません。
気が付くとタブが大増殖しているので時々掃除すると良いです。
僕の使用状況だと、お気に入りはデスクトップとしっかり同期していました、が、WindowsPhone上でお気に入りを編集するとバグりまくってお気に入りが消滅したりするので絶対やめた方が良いです。
しかもそのまま同期するから最悪です、っていうかデスクトップのEdgeもこの辺バグってるので何とかして欲しいもんです。
特にWindowsPhone上では「お気に入り追加」迄にしておいたほうが良いと思います。
Microsoftの同期系は気まぐれで曖昧です、未だに何時同期しているのかよくわかりません。
基本、タイムスタンプ(的なもの)が新しいデータを参照して同期するのは確実なようなので、そんな感じで使っていくと良いです。

Outlookメール■
llc20160403f.jpg
今のところリアルタイムで即プッシュ受信します。
多分、Windows10Mobileの消費電力が上がった(らしい)のはその辺が大半なんだと思います。
ただ、これはむしろ電力食ってでも達成して欲しい点だと思うので、これで良いっていうかこれが普通です。
また、通知受信時はロック画面が点灯して知らせてくれるようになっており、iOS、Androidと同じ感じで使えます。
この辺の通知系は本当に良くなったなって思います。
また、OutlookメールはAndroidアプリもかなり優秀で、もちろんWindowsPhoneでも同じように優秀です。
このメールと通知&通知系という点ではWindowsPhoneはAndroidより優れているようにさえ思います。
頑張ったなあ、Win10M。

■GoogleNow的なコルタナ■
llc20160403g.jpg
かなり控え目なGoogleNowっていう感じです。

■考えるな感じ取れ■
llc20160403h.jpg
これ以上情報量は増えません。
あれです、事前に地図出しておいて画像保存してOneNoteとかで同期しましょう。
事前にプリントアウトっていうのもかなり有効です。
「いいか、スマホってのはな、何でも屋じゃねぇんだ、電話なんだよ電話、地図とかそういうんじゃねえから」
MS-TCC

「Windows10Mobile」+「Win10」による強力な合わせ技に「MS-TCC」というものがあります。
要は、「Bluetooth」でスマホとPCを常時ペアリングし、PC上からスマホに触れる事無くテザリングをONにするという離れ技です。
とは言っても最新技術というわけでも無く、実は一部のルーターでは既に結構前から実現されている仕組みだったりします。
OSがデフォルトの機能として対応したっていうのが素晴らしい所で、もちろんMADOSMAでもMS-TCCは可能です。
実は僕がWindowsPhoneを購入したのは、このルーター兼スマホとしての立ち回りの良さという点が大きいです。
MADOSMAの使用感
基本的な動作は非常に軽快です。
Androidで例えると、スナドラ8xx系レベルのサクサク感です。
ただやっぱりブラウジングは結構もたつく感じかな、と。
外観もシンプルで清潔感があって悪くありません。
いくつか対抗候補があるかと思いますが、僕は総合的観点から今回MADOSMAを選びました。
色々大胆に削っている分、必要な所にはしっかり乗っているスマホだと、店頭で触った感じから判断しました。
もちろん・・・
本命はLumiaですが・・・
甦れノキアじゃp(ry
さて・・・
WindowsPhoneの長所とか短所みたいなものは結構出尽くしているし、その辺を踏まえた上で依然として購入意欲がある場合、ルーターを買う感じで購入すると大変収穫が大きいんじゃないかと思います。
「エンタメ編」へ続く・・・

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
Copyright (C) snusmumriken.blog.so-net.ne.jp All Rights Reserved.
L.L.C さんの記事から