So-net無料ブログ作成

ゲーミングモニター & G-sync 考察 Part.1 [雑記]

llc20170313a.jpg
ここ最近、サブディスプレイを新調しようという計画が僕の中で持ち上がり、どうせ買うならゲーム向けで長く使えそうなものを買おうという事になりました。
ゲーミングモニターにも幾つか種類があり、共通する特徴として・・・
  • ハイリフレッシュレート
  • ハイレスポンス
  • フレーム同期技術FreeSync及びG-sync
等々があるようです。 中でもどうやら「G-syncモニター」というものが今一番ホットらしいという事が調べる内にわかってきます。
ただ、良く調べるとG-syncに関しては色々ネガティブな意見も飛び交っており、それらにもある程度の信憑性がある様子。
モニターなんてそうそう買い替えるものでもないので、失敗しないためにもG-syncを中心とするゲーミングモニターという近年加速的に普及し始めたモニターについて熟考してみました。
G-Syncとは
要はGPU主導でモニターを書き換える技術という事になると思います。
この逆のパターン、モニター主導の書き換え同期技術は既に垂直同期によって実現しているわけで、G-syncによって得られる効果の結果というものは実際の所、全く未見の新しい技術というわけでもないです。
テアリングやスタッタリングの無い滑らかな映像というものは60FPS維持の垂直同期によってG-sync無しでも実現できます。
映像の滑らかさをNVIDIAは盛んに強調するので、何か特別にスムーズな映像を実現する技術のような印象を受けてしまうのがなんともなあ・・・みたいな。
この技術の本当の利点というのは、モニターの解像度に対してGPUの性能が適当でもOKって所だと思います。
「4Kなら最低GTX1080以上」とか、「WQHDならGTX1070以上」とか、通常のモニターならその辺を考慮しないとゲームをプレイする際表示がガタガタしたりして悲惨な事態に陥りますが、G-syncはこの障害をかなりマイルドにしてくれます。
最低40FPS強ぐらい出ていれば充分滑らかな映像を実現できるはずです。
また、100FPS等のハイフレームレート表示時の、FPSの上限と下限の大きなブレに対してもG-syncは大きな効果を発揮すると思います。
G-syncによって得られる効果そのものが何も目新しくは無いとしても、NVIDIA自身が言う通り、モニターとGPU、二つの技術的隔たりを埋めるクッションとして、この技術そのものは非常に良いもので、是非とも普及するべきものだと素直に思います。
Adaptive-SyncとFreeSync
G-syncが実現している”GPU主導のモニター書き換え”という技術は、DisplayPort 1.2aの拡張仕様「Adaptive-Sync」として既に採用されているそうで、このAdaptive-Sync対応モニターの中でAMDによって認証されたモニターがFreeSyncモニターという事になり、そこで得られる効果はほぼG-syncと変わらないという事のようです。
また、G-syncには専用のモジュールが必要ですが、Adaptive-Sync及びFreeSyncの場合、特にモジュールは必要ではありません。
そしてG-syncモジュールは$300ほどするらしく、FreeSyncとG-syncモニターにはやはりその程度の価格の開きがあります。
さて、これは結構おかしな事態だと思います。
何のモジュールも無しに実現されている技術のはずなのに、どうしてG-syncには$300のモジュールが必要なのか?
G-syncの優位性
難しい話はよくわかりませんが、GPU主導のモニター書き換えというものには色々高いハードルがあるらしいです。
これを完璧にこなすには専用のモジュールが必要不可欠であるというのがNVIDIAの主張です。
実際、G-syncモニターの最低リフレッシュレートは30hz~ですが、FreeSyncモニターは大体50hz~です。
また、G-syncはウィンドウモードでも機能しますが、FreeSyncはフルスクリーン時のみ機能するらしいです。
この辺りをみるに、確かにG-syncモジュールはドライバレベルでは不可能なモニターの根幹的な機能をダイレクトに変更できるのか、若しくはその権限を持っているように思われます。
素人目判断からしても、「どうもG-syncの方が高機能らしい」という事は見て取れます。
特にウィンドウモードでも機能するというのは結構なアドバンテージです。
” 出来る事は大体同じなんだけど、少し高くても良いものをと思うならG-syncモニターかな ”
NVIDIAグラボの普及率の高さも相まってそんな風潮は強く、現状確かにその通りかなと思えなくもないです。
G-syncモジュールの先見性
確かにFreeSync+αであるように思えるG-syncですが・・・
一つ多くモジュールを載せるという事について、「得られるいくつかの利点よりもリスクの方が大きいのではないか」という気がするのも事実、発熱然りドライババグ然り・・・
また、将来的に十分にGPUの性能が上がってきて100~120FPS程度の維持が容易になった時、G-syncはもはやほとんど必要なくなります。
モニターの解像度に対してGPUの性能が追いつくまでの、限定的な期間に於いてのみ有効なモジュールとも取れなくもないです。
ただゲームの描画負荷なんてピンキリなので、高解像度モニターに於いてはG-syncの効果が陳腐化するのは5年かそれ以上先かもしれません。
かといって将来的には確実にその効果が薄れることが決まっている機能にしては高価過ぎるようにも思えます。
そう考える時、G-syncによって得られる効果というのは本来、モニターとそれを駆動するデバイス間を繋ぐ新しい仕様の枠組みの一つとして、今後は当たり前になる技術として導入されるべきではないか、僕はそう思います。
あれ
それってAdaptive-SyncじゃんAdaptive-SyncじゃんAdaptive-Syncじゃん(エコー
まあ・・・
僕が思うのはNVIDIAの意図がよく読めないなと。
ここは両雄足並みを揃えてAdaptive-Syncで良かったんじゃないかと。
それであれば、特にGPUを意識することなく、PCモニターの技術が一歩前進したという解釈で喜ばしかったんじゃないかと。
このままだとAMDのグラボの性能がNVIDIAに拮抗した時、結構AMDに流れると思います。
しかし・・・
そんな日はおそらく数年内では来ないと言われれば確かにそうなのかもしれない。
まあそうであるなら尚更、業界を牽引する存在としてNVIDIAは何故G-syncモジュールを打ち出したんだろうか・・・
もしくはイージーな道をAMDへ残しつつ、上位互換の機能としてのG-syncという立ち位置なのか。
そういった二つの道を与えることで競争原理を残し、相乗的な経済効果を狙ったのか。
うんまあそうなんだろう・・・
すったもんだの末
そんな事を調べ回りつつ、実際G-syncモニターに触れる機会もあり、また、G-sync無しの高FPSモニターに触れる機会もあり・・・
そして結局まだ実際使っていくモニターが決まらないというのが現状だったりします。
何が原因かといえば、”G-sync23インチFullHD144hz以上&IPS液晶”という、絶対のスイートスポットモニターが存在しないからなんです。
WQHDの144hz+IPSは既にあるのに、何故23、24インチFullHDはTN液晶しか無いのか?
解像度の低いモニターは反応速度優先しTN液晶、そして限界までリフレッシュ―レート上げる。
それは確かにG-syncの使い方として”有り”だと思うんですが、FullHD+IPSはあったらあったでかなり需要あると思うんですけどね。
そこで満足してもらってしまうと、GPU買い替える人が減ってしまうっていうのはやっぱりあるのかなと思います。
色んな思惑はあるとして、”G-syncモニターは良い落としどころが無い”というのが現状だと、個人的には思います。
とりあえず・・・
色々すったもんだあったなかで、FPSやリフレッシュレートについて思う所があったので、その辺についてPart.2でぶー垂れて行こうかなと思います。
Related articles

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゲーミングモニター & G-sync 考察 Part.2 [雑記]

llc20170318a.jpg
サブゲーミングモニター探しをする中で、僕が触れる機会があったモニターは・・・
どちらもIPSの・・・
「FreeSync144hz34インチウルトラワイド」と
「G-sync100hzウルトラワイドモニター」です。
あとは店頭なんかで240hzとかTNパネルなんかも確認しています。
ゲーミングモニターを探す上で最も興味があったのが、60FPS以上のハイフレームレートについてです。
ぶっちゃけた話、ハイフレームレートに言われるほどの効果が無い、もしくは自分自身が実感できない限り、ゲーミングモニターは僕にとって意味を成しません。
よく言われるのが、そもそも人間の目の仕組み上、秒間24フレーム以上の映像は認識できないと言われています。
しかし、30フレームと60フレームのゲームを比較する時、映像も体感もかなり違います。
また、異なるいくつかの実験で人間は0.013秒(秒間75フレーム程度)の映像を認識できるという結果が出ているそうです。
75フレームというのは「60hzと120hzは違うけど120hzと144hzはよくわかんね」とか「90hz以上はプラシーボ」とかいう話とも合致していて中々信頼できそうなデータではあります。
とはいえ・・・
正直、この辺りの話、いまいちはっきりしません。
こんな時は論より証拠、僕は今回体感することが出来た二つのモニターで検証してみました。
ハイフレームレートのざっくりとした感想
低~高~ハイフレームレートに関しての、あくまで僕の主観的感想は以下になります。
ちなみに、テストに使用したゲームはWitcher3、出来るだけ映像の印象を変えないために地形品質、テクスチャーは常に最高品質で固定、描画負荷を変えたり解像度を変えたりする事でフレームレートを調整。
また、~100FPSまではG-syncモニター、100FPS以降については120hz、144hz+垂直同期120、144FPS維持による感想となります。
30~45FPS(G-sync)
ゲラルトが普通に一定方向へ歩いたり走ったりする分には大体問題なし、ただ少しでも視点を移動したり素早く動くとかなりきつい、G-syncありでも60FPSに慣れた人には厳しいFPS。
あまり激しい動作の無いゲーム向き、アクションゲームはきつい。
50~65FPS(G-sync)
途端に別世界へ移行、今までの見辛さが嘘のようにヌルヌルになる。
ゲラルトの歩く走るは非常に滑らか、この辺りカらはためく衣装なんかから空気感が得られるようになる。
ただ、素早く動くと若干きつい感じがあり、視点を旋回させたりするとかなりキツい。
この「キツさ」っていうのは何なのかというと、多分、コマ送りになっている映像を脳ミッソーが補間しようとしている感覚なんだと思う。
見えてもいないものを前後の映像から妄想している状態なんだと思う。
70~80FPS(G-sync)
ゲラルトの歩く走るの滑らかさは変わらないものの、何故か微妙にゆっくり動いているように見える、とは言え60FPSとそうそう変わらない。
ここで大きく変わるのは素早い動作に対する目の追従性、サッとアクションした場合でもしっかりとその動きを目で追える。
動きが実際目で見えているので、見えないものを補完するような、60FPS時にあったキツさが消える。
ただし、コンマ数秒間の視点旋回等は相変わらず超残像状態で60FPSと大して変わらない。
この帯域は個人的にかなり良好な感触、モニターは75hzを標準にしたほうが良いんじゃないかとさえ思う。
85~90FPS(G-sync)
ゲラルトの歩く走るは変わらず、この辺りの比較的緩やかな動作の追従性は多分75FPSぐらいで飽和状態になっていると思う。
素早い動作の追従性は更に良くなる、75FPSよりも動作が見えている感が強い。
しかし、やっぱり瞬間的な旋回動作は超残像状態、ただFPSが上がるほど残像が沢山見えるようになる、でも残像が沢山見えても別に見易くも何ともない。
一般的な3Dアクションゲームならこの辺りのFPSがあると心強いだろうと感じる。
100FPS(G-sync)
比較的緩やかな動作に関しては90と変化無し。
素早い動作の追従性も90FPSに対してそうそう変わらないけど、良くなった気もする程度。
瞬間的な旋回は相変わらず残像天国、しかし、よく見ると高速で旋回する地面が90の時よりよく見える。
おそらく、FPSが上がる程、より素早く動く物を追従しやすくなっているんだと思う。
この辺りはもうFPS(ファーストパーソンシューティング)や対戦ゲームに於いてのみ必要とされる領域だと思う。
120FPS(垂直同期120維持)
100との違いがわからない。
ゲラルトが剣を振り回したり、巨人をぶちのめしたり、そんなありとあらゆる場面は非常に滑らかで見易い。
しかしそれが100FPSと違うかというと超微妙。
視点を高速旋回させると旋回する遠くの景色は相変わらず超残像、しかし地面を眺めるとどうでしょう、高速旋回する地面は100FPSより滑らかです。
やはり、FPSが上がる程、より高速で動くものを捉えやすくなるという可能性はあると思います。
しかし、それは体感できるという程のものではなく、一部の超反応が要求される対戦ゲームに於いて、長期的な結果としては現れてくるのかもしれません
144FPS(垂直同期144維持)
120との違いはもはやプラシーボ。
だがしかし、今度も同じように視点を高速旋回させるとどうでしょう、遠くの景色はどうしようもない残像だけど高速旋回する地面は更に滑らかでよく見えます。
やっぱりFPSが上がれば上がる程、より高速で動くものを捉えやすく認識しやすくはなるようです。
ただし、そもそもそれだけ高速で動くものを最初に捉える必要がある為、この領域では動体視力の個人差が与える影響の方が大きいと思います。
144FPSも120と同じで、長期的には結果が出てくる可能性があるかもしれないけど、随時「映像が良くなった」という事を体感するのは殆ど無理な領域。
総括
  • 殆どのゲーム>>75~100FPS
  • 一部の超反応が要求されるゲーム>>100~144FPS
  • プラシーボ効果を期待する>>144~無限FPS
  • 一般的なPC利用(作業、動画、エンジョイゲーム等)>>60FPS
個人的検証による個人的見解はこんな所。
ちなみに、120hzにするとマウスがヌルヌルになるという話をよく読んだんですが、僕はそれ程大きな違いは感じませんでした。
素早く動かすと残像が一杯表示されるぐらいで、60とそこまで変わらなかったです。
人間の目の時間分解能が実際本当はどれ程なのかという点は何処までいってもよくわかりませんが、ハイフレームレートに過度な期待は持てないというのが僕の印象です。
ただ、60よりも75、90FPSの方が素早い動作への追従性が上がることは確認できたので、この辺の効果については期待できるようです。
重要なのは
例えば何でもいいです、何かの3Dゲームで視点をグルグル回して中心にいるキャラクターを眺めてみましょう、回転する奥の背景は超残像状態で見えるはずです。
今度はそのままグルグル回しながら、奥の背景へ視点だけを移動させてみましょう、すると今まで残像だらけだった背景が突如ヌルヌルになり映像をしっかり認識できるようになります。
これはかなり劇的な変化で、10~60FPSに突如ジャンプアップする感覚が簡単に体験できます。
映像の滑らかさというのは、ぶっちゃけFPSより人間の目の焦点と動体視力の影響の方が圧倒的に大きいという事がわかります。
G-syncの効果
G-syncは良いです、非常に、素晴らしい。
垂直同期60FPS固定とか、FPSの上限と下限とか、そういう煩わしさから解放されるというのは大きいです。
これはやっぱり、デフォルトであるべき機能だと思います。
今何か、ゲームを前提としたモニターを購入しようと思うなら、G-syncやFreeSync、これらの機能の有無については大いに考慮すべきだと思います。
どんなにFPSを上げてもスタッタリングが起こるようでは意味が無いので、60FPS以上を望むならこの機能は是非欲しい所です。
検証から得たもの
llc20170318b.jpg
これからのゲーミングモニターに求める機能としては・・・
  • G-sync及びFreeSync
  • 90hzは欲しい、出来れば120hz
  • 出来る限り高い解像度(特にモジュールが高価なG-sync)
  • +αなウルトラワイド、動画鑑賞用としても優秀
  • 汎用性が高いIPS、動画重視ならVAもあり
と、こんな所。
現状、これらの条件を踏まえた場合、Geforceだと・・・
34インチウルトラワイドか35インチウルトラワイドか27インチWQHDしかないというのが何とも・・・
30インチ2560×1080/200hzのacer z301cがVAだけど悪くないんですが、国内取り扱い無いし100V入力対応してないから輸入するわけにもいかんし・・・
あくまでもFullHD系のIPS&G-syncは出さないというこの状況。
WQHDはワイド解像度には出来ないし・・・
3440×1440/144hzの登場を待つという手もあるけど・・・どんな価格で炸裂してくるか・・・
とりあえず・・・
ゲーミングモニターに関しての僕の検証と考察はこんな感じです。
色々機種別にぶつくさ書こうかと思ったんですが、価格.comで液晶ディスプレイを「G-sync」で絞り込めば現行機種は全部出るので、その辺を参考にすると良いかと思います。
さて、ゲーミングモニターに関して得られる情報は僕の中で出尽くした感があるので、これらを参考にしつつ再度最適案を絞ろうかなというところです。
...ゲーミングモニター探しで大変役立つサイト
□TFTcentral
□PC Monitors
Related articles

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

acer Switch Alpha 12 [MONOMONO]

llc20170323a.jpg
SPEC
+CUP Corei3-6100U
+Memory 4GB
+Screen 12型/2160x1440/IPS/10点マルチタッチ
+Storage 128GB/SSD
+OS Windows10 Home 64bit
+Bluetooth Bluetooth 4.0
+LAN IEEE802.11a/ 11b/ 11g/ 11n/ 11ac
+Input USB 3.0/USB type-C/Micro SD
+Censor 照度センサー/Gセンサー/ジャイロスコープ/Eコンパス
+Size 10/292/201-H/W/D-mm
+Weight 900g/1250g
「何か良いゲーミングモニターは落ちてねえかな」
とか何とか呟きながらフラフラ米AmazonにてAOCとかViewSonicとかのG-syncモニターを探している最中、何故か非常にリーズナブルな「Acer Switch Alpha 12」を発見してしまいました。
国内だとパッとしない取り扱いで、個人が手を出すにはちょと考えものな感じでスルーしたんですが、こちらは思いっきり一般ピープルに訴えかける価格で並べられていたので、USキーボードなノートPCが欲しかった僕は思わず購入してしまいました。
ちなみに、別に輸入しなくても国内でi3版は販売されていた事に後で気付いたんですが、US版にも技適はあるしUSキーボードだし、結果オーライという事で。
「何か手の届きにくい所に行ってしまったなあ」と思っていた「Switch Alpha 12」がひょんな事から手に入ったのは個人的には凄く嬉しい成り行きだったりします。
使用感とレビュー
llc20170323b.jpg
スペック的にはi3/メモリ4GBという点が若干弱いですが、全体的にはウルトラブック系列の性能をキープしており、普段使いなら十分快適です。
また、Skylakeかそのぐらいからノート版i3はクロックが上がり性能が大きく向上しています。
ターボブーストが無いので瞬発力は劣るんですが、i5に近いパフォーマンスを発揮できるので、価格的に優位になりがちなi3ノートPCは今日日、非常にお買い得なチョイスであると言えると思います。
llc20170323c.jpg
llc20170323d.jpg
llc20170323e.jpg
この機種の何よりの利点はやはり、Surfaceライクな2in1機構にあります。
292mm×201mmというコンパクトなボディと堅牢にして着脱可能なキーボード。
更にはクリーンで静かなファンレス機構。
様々なシーンに合わせて使う形を変える事が出来、そこにストレス要因が無いというのは強力なアピールポイントです。
実際使っていく中で、キーボードを外して楽な姿勢で使う事がよくあり、2in1PCがよりラフな使い方が出来る、生活に密着したデバイスであるという事を実感出来ます。
それでいてパフォーマンスはPCとしての水準を維持しているし、かなり使い勝手は良いデバイスです。
いまいち普及しないのは、やっぱりWindows10のタッチUIへの順応性が決して高く無いというのが原因なんだろうなと思います。
様々な点で改良されてはいるものの、Windows10をタッチで操作するにはWindowsに慣れている必要があると思います。
ポン出しでも使えてしまうスマホやiPadと比べるとその辺りは劣るというのが正直な感想です。
llc20170323f.jpg
llc20170323g.jpg
llc20170323h.jpg
キーボードの使い勝手は至って良好。
クリック感もあるし配置にも窮屈さは無く、充分に文章作成利用に耐えます。
また、僕は大した変化ではないと思っていたんですが、キーボードの端を少しディスプレイ側へ折り返し角度を付け浮かす機構が凄く便利。
タイピングしやすくなるだけでなく、キーボードが床にベタ付けにならないので非常にクリーンです。
これは外出時など、特に効果的だと思います。
タッチパッドについては至って普通、Acerらしく反応は素直で鋭敏です。
llc20170323i.jpg
「Switch Alpha 12」を使っていて、今日日、ノートPCもかなり性能の飽和点に近付きつつあるなというのを感じます。
一昔前は「ウルトラブック」という括りで持てはやされた性能も、今となっては標準的なラインとなってきています。
Switch Alpha 12では更に一歩、Core iモデルにしてファンレスという目指すべき目標を一つ打開しています。
普段使いに於いて全く問題が無いため、今回特に温度面等の詳細なテストをしていませんが、ファンレス水冷冷却とは言うもののパッシブ冷却には限界があると思います。
実際詳細なテストを行ったサイトなんかを参考にすると、長期的な負荷によるクロックダウンは起こるようなので、パッシブ冷却というのはそういうものだと思った方が良いと思います。
ノートPCという限られたサイズの中でこの問題が打開されるのは数十年先でしょう。
水冷ノートPCという事で大きく打ち出してきた「Switch Alpha 12」ですが、今現在、全般に高水準でリーズナブルな良2in1ノートPCという、意外と落ち着いた立ち位置に組していると思います。
これはある意味、非常にAcerらしい立ち位置と言えるかもしれません。
価格や性能、静音性等の観点からSurfaceシリーズの選択が視野に入らない場合、「Switch Alpha 12」は良い選択肢では無いかなと思います。
llc20170323k.jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

IN WIN H-frame 2.0 [水冷PC]

llc20170326a.jpg
Detail
+ Case H-frame 2.0
+ MB Z270 ROG APEX
+ CPU i7 7700K
+ Memory DDR4 16GB
+ GPU GTX1070 STRIX
+ Strage NVMe M.2 x 2
+ PSU IN WIN 1065W
+ Cable CableMod
+ Parts Extention MEG CUSTOM
+ Cooling Bitspower
+ FAN Corsair, NZXT
+ Lighting ASUS-AURA
+ Special SONIC
llc20170326c.jpg
llc20170326b.jpg
llc20170326d.jpg
llc20170326e.jpg
IN WIN
llc20170326f.jpg
llc20170326g.jpg
MEG CUSTOM
llc20170326h.jpg
llc20170326i.jpg
llc20170326j.jpg
llc20170326k.jpg llc20170326l.jpg
llc20170326m.jpg
llc20170326n.jpg llc20170326o.jpg
llc20170326p.jpg
llc20170326q.jpg llc20170326r.jpg
llc20170326s.jpg
llc20170326t.jpg
llc20170326u.jpg
Bitspower
llc20170326v.jpg
llc20170326w.jpg llc20170326x.jpg
llc20170326y.jpg
llc20170326z.jpg llc20170326za.jpg
llc20170326zb.jpg llc20170326zc.jpg
llc20170326ze.jpg
Thank you for your time.
And, enjoy custom pc build and water cooling!!
llc20170326zd.jpg

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
Copyright (C) snusmumriken.blog.so-net.ne.jp All Rights Reserved.