So-net無料ブログ作成
検索選択

NVMe M.2 ヒートシンク 検証 [PC]

llc20170403a.jpg
最近新PCを完成させ、この際なのでストレージを全てNVMe M.2へ移行させました。
現状、特にMVMe M.2はアクセスが高速とは言え、コスト的にはあまり良くないんですが、SATAケーブルの圧倒的な取り回しの悪さを排除出来るとすれば悪くないと思ったのと・・・
丁度、ASUSがZ270 APEXという「M.2をダブルで使え」と言わんばかりの革新的なマザーボードを出してきたので、このビッグウェーブ(おまえだけ感)に便乗してみました。
そして・・・
MVMe M.2と言えば有名なのは発熱。
更に・・・
そこから生まれるM.2ヒートシンクという小さなブーム。
僕もその辺は考慮して、M.2にはヒートシンクを装着する事にしました。
購入したヒートシンクは・・・
MEG CUSTOM
というメーカーのものです。
独創的なケースやMDO系エクステンションパーツを取り扱っているメーカーで、ファングリルやメモリヒートシンク等と一緒に輸入してみました。
llc20170403b.jpg
llc20170403c.jpg
今回僕が新PC作成にあたりチョイスしたM.2は・・・
・Samsung M.2 960 EVO 512GB / Main
Intel M.2 600p 1TB / Date
この2枚です。
どの道、ヒートシンク貼る時にメーカー保証は無くなってしまうので新古品と中古品を購入しました。
というか、M.2のシールを剥がすと保証無くなるっていうのはどうなんだろうか、メモリもそうだけど。
ノートPCなんかは改造される恐れがあるからネジに保証シールとか、そういうのはわかるとして、M.2なんて本当にただのシールだし、剥がしたからどうだっていうのさ、むしろそのシール、放熱の障害になってすらいると言えはしないのかねセニョール(誰
llc20170403d.jpg
llc20170403e.jpg
llc20170403f.jpg
そんな能書きは良いとして、早速取り付けです。
メーカーシールの上からヒートシンクを貼り付けても良いと思うんですが、どうだろう・・・結構受熱率落ちるような気もする。
SSDなんてそうそう壊れるものでも無いので、ヒートシンク付けるなら保証は捨ててシールは剥がした方が良いような気がします。
そもそもシールの上からヒートシンクでも保証アウトって話もあるし、ヒートシンクを取り付ける事自体が改造行為とか何とか、どんだけだよって話ですが・・・
ただ、Samsung EVO系の裏側のシールはシールではなく、薄い放熱銅板である為こいつは剥がさなくても良いかもしれません。
僕は剥がしている途中で「あれ、これ剥がさなくて良くね?」って思ったんですが男だから剥がしました、何かちょっと銅板曲がっちゃったし、ここで止まったら負けだって思ってスパッと剥がしました、ええ後悔はしていません、男っていうのはそういう生き物です、男は泣かないんです(意味不
まあそんな・・・
何か他愛もない事がありつつ無事取り付けは完了。
ちなみにIntel 600pの方は既に新PC完成前から試験的に取り付けていました。
もの凄くざっくりアイドル10度、負荷時14~18度程度の効果があった気がします。
llc20170403g.jpg
M.2 ヒートシンク 検証結果
llc20170403h.jpg
テスト方法は「CrystalDiskMark」にて1pass/500MiBを最初に一回実行。
その後しばらくアイドル状態をキープしM.2の温度が安定化する所まで放置。
その後再度1pass/500MiBを実行、この2回目の結果をヒートシンク有or無しで比較しています。
最初に1pass通すのは、最初の一回目のテスト結果の温度が2回目に対してあまりに低くなってしまう為そうしています(起動直後が非常に温度が低く、一旦上がってしまうとその温度までは再度下がらない為)。
実際の使用状況に近いと思われる温度環境に合わせたという感じです。
Samsong EVO 960 512GB / Heatsink Test
HeatSink Start Read-Max Write-Max After 5min
無 *1 30℃ 38℃ 43℃ 30℃
29℃ 33℃ 35℃ 30℃
消費電力 0-1w 8w - 25w 0-1w
*1...購入時のまま銅板、シールが貼られた状態
と、こんな感じ。
アイドル温度はほぼ変わらず、負荷時5℃~8℃の効果となりました。
Intel 600pの時はアイドル状態から劇的な効果を発揮したんですが、今回はそうでもないです。
僕が引っ剥がした銅板がおそらく4℃~6℃程度の冷却効果を発揮していた事が予想されます。
また、Samsung EVO 960のコントローラーの発熱が低いからというのも理由として考えられそうです。
ヒートシンクによって受熱量が圧倒的に増えている事は確かなので、発熱量が大きい程、瞬間的な効果は相乗的に上がるという事が予想できます。
また、温度が安定化するまでの時間にそうそう違いが無いので、長期的な時間辺りの冷却力はヒートシンク外の環境に大きく依存する事がわかります。
やっぱり、ヒートシンクによって放熱面積が上がっているとは言え、しっかり風を送ってやらないと長期的高負荷は厳しいと言えそうです。
ただ、NVMe M.2の圧倒的なアクセス速度で長時間最大高率で駆動する事は実際あり得ないので、ヒートシンクで充分過ぎる程ではないかというのが個人的見解です。
M.2の実際の利用状況というのは「ポツポツ超高速アクセスして後は殆どアイドル」みたいな感じだと思うので、そういう利用用途に於いては受熱許容量が大きく上がるヒートシンクの効果は絶大です。
ただ、Samsung EVO 960は放熱銅板が結構冷却に寄与しているので、保証蹴ってまで別にヒートシンクは付けなくてもいいかなと今回思いました。
llc20170403i.jpg
NVMe M.2ヒートシンクのざっくりとした検証はこんな感じです。
PC系の電子部品は50℃ぐらいから10℃上がる毎に製品寿命が10年縮むとか何とか。
常時60℃を超えるような状況であれば、特に発熱が大きい程ヒートシンクの効果も大きくなるので、取り付けを考慮しても良さそうです。
また・・・
あえて保証任せでそのまま使って、コントローラーが後々進化して発熱が落ち着くまで使える所まで使う。
というのもありかもしれません、むしろそれが正解なのかという気もします。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

In Win 303 について考える [PC]

電源の発熱侮りがたし
 In Winから中々興味深い、革新的なPCケースが発表されています。
・In Win 303(In Win公式サイト)↓
PCケースと言えばここ最近・・・
最下段に電源、前面吸気、トップ&リア排気、ドライブベイ取っ払い可能、ラジエーターは好きなようにやってね、そうそうボトムも使いたければファン付くよ、みたいなある種のテンプレ内部構造が出来上がってきていたりします・・・
流行りのこのパーツ配置、実は電源の熱がケース内を加熱します。
廃熱的にはそんなに優れた構造では無いです。
ただ、作り易く、見た目が良いので、これはこれである種の着地点なんだろうなという感じです。
SLIとかにした時、限界を感じるかもしれないけど・・・
そんな最近のPCケース業界のサボりっぷりに一石を投じたのはやっぱり・・・
変態PCケースメーカーIn Win師匠でした。
「In Win 303」
これは売れる。
革新的かつ合理的な内部構造
今回のIn Win 303の構造はざっくり・・・
  • 最上段に電源(縦置き)
  • ボトム120×3吸気(ダストフィルター付き)
  • リア&トップ(多分トップはサイド裏側から排気)排気
  • グラボのたわみ対策アタッチメント完備
  • やっぱりドライブベイは排他気味
  • 側面ガラス
ざっくりこんな感じ。
熱の流れを考えてみても非常に合理的な構造であり、かつ、ビジュアル的に扱いの難しい電源を奥へ隠したり、側面ガラスだったりと、今風に魅せる形へと上手くシフトさせています。
欲を言えば、これでマザーを90℃転倒設置出来れば最高だと思うんですが、やっぱりスペース的に難しいのかもしれません。
In Winにしては珍しく、ある程度ユーザーに迎合した作りであり、それでいて自分たちの主張も推してきており、新鮮かつ実用性の高いバランスの良い構造をしていると個人的には思います。
エアフローが素直なので、水冷にしても空冷にしても、かなりのハイエンド構成に耐え得るキャパシティーを持っているはずです。
また、グラボのたわみを防止するアタッチメント的なものがあるらしく、公式サイトの画像から推測するに、柔軟に様々な形状のグラボに対応できるっぽいので、これはかなり良い試みだと思います。
個人的に、グラボのたわみは見た目がかなり悪く、非常に気になる点ではあったので。
そして、In Win と言えば”ガラス”です。
ガラスを使うと価格が跳ね上がってしまいますが、D-Frame Miniを使っている僕の意見としては、PCケースのウィンドウは断然ガラスが良いです。
ガラスはアクリルと比べ傷付きにくく、かつ、汚れにくく、メンテナンス性に天と地程の差があります。
アクリルは埃が付着しやすく、それを拭き取る度に微妙に傷付きますが、ガラスのウィンドウは時々サッと表面を払えばいつまでもクリアなままです。
ガラスウィンドウには価格以上の恩恵があると考えて間違いありません。
ケース全体のデザインも、メカメカっぽい微妙に変態なIn Winらしさとエレガントさが融合していて悪くありません。
僕個人としては、この作りは新たなPC内部構造のスタンダードを築くきっかけになるんじゃないかと思うんですが・・・
PCの熱問題をそんなに気にする人もそうそう多くないと思ったりもします、これだとトップの辺りが混雑してちょっと作り辛そうだし。
価格が鍵かなー
例えば・・・In Winらしく・・・このケースが一般ピーポードン引きな価格で挑んで来たとしても・・・
「やっぱり電源って上じゃね?常識で考えて」
という時代に逆行する事実に気づいてしまい、もがき苦しんでいる人には、まさに打ってつけのPCケースなんじゃないかと。
願わくば、2万円以内でのリリースを・・・

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Acer Switch Alpha 12 @ファンレスCore i [PC]

ファンレス水冷がHTセレロンの熱限界に挑む
 攻めのAcer、相変わらずちょっと変態なAcer、そんなAcerはついにノートPCの冷却に「ファンレス水冷」という水冷界に於いても最もレアな領域に手を出してしまったようです。
実は・・・
Acerは「Aspire switch 11」にて、水冷では無いんですがファンレスCore i3を既に達成していたりします。
僕はこの「Switch 11」を使っていた時期があったんですが、Core iでありながら夏でも70℃台でCPU温度を抑えてくる優れた放熱設計に感心したのを覚えています。
Switch 11は確かCore i3 4012Y、1.5GHzデュアル&HT。
今回「Switch Alpha 12」に搭載されるのは「第6世代 Core i5 or i7」。
例えば三割ほど世代交代によって熱的効率が上がっているとして、ファンレスで実現できそうなのは良くて1.9GHzデュアルHT程度かと予想されます。
Core Mが熱的な問題を抱えていたという観点から、この予測は結構まんざらでもないと思います。
おそらく、ファンレスだと2.2~2.4GHz辺りで熱的なデッドラインを迎えると言えるでしょう。
さて、「Switch Alpha 12」の挑戦は果たしてノートPCのCPU、つまりぶっちゃけ「HTセレロン」をファンレスにて制する事が出来るのかどうか。
水冷をかじった僕の分析としては・・・
「水の熱伝導率は相当強力、発熱体が高温になるほど更にパワーアップする屈強に強い水冷の強みを活かし、タブレットのアルミ筐体全体に効率良く熱を拡散、タブレット筐体全体でファンレス排熱すれば多分大丈夫、一定以上に決して温度は上がらず、最高80℃前半で抑えられる、故、多分タブレットの特に裏面が結構熱いだろうね(的な」
まー
製品化されてるんだし、温度的には大丈夫なんでしょう。
ファンレスは良いです、クリーンで静かで、ノートPCが目指すべき指標の一つです。
問題は・・・
日本で流通するかはわからないという所でしょう。
出たとして・・・7万~8万ぐらいかなという感じです。
いやー・・・結構早くファンレス時代来そうだなー・・・

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

cablemod @ 買うてみた [PC]

日本でお買い物しましょう(by Amazon.co.jp)
llc20160317a.jpg
 最近PCの電源をseasonic製に替え、しばらく付属のケーブルに延長スリーブ差して使っていたんですが・・・
この延長ケーブルという奴は大変な難敵です。
「スリーブケーブルなんて必要分延長かまして置くのがコスパ最強」
そんな風に思うかもしれませんが・・・
まあ実際概ねそんなもんです。
しかし、延長ケーブルは延長した箇所のコネクタ部分が大変な事になります。
4Pinとか8Pinのプラスチック部分が倍の面積になります。
ギガ邪魔です、もう本当に邪魔です、頼むから「SATAケーブル」とか爆発して欲しいです。
また、ケーブルが異常に長くなってしまい余剰分のケーブル処理が大戦争になります。
はっきり言って、”SATA”と”4pin”ケーブルは早急にその発狂しそうなレベルで邪魔な形状を何とかすべきです。
「蓋が閉まらんのじゃけんボケェェェェェェ!!!」
そんな叫び声を上げる自作民が後を絶たないとか何とか。
という事で僕はseasonic対応のスリーブケーブルを購入しました。
スリーブ化してもケーブルを整理するのは鼻血が出そうなぐらい面倒くさいですが、幾分ましになります。
今回購入したのは・・・
「cablemod」
というメーカーのケーブルで結構PC系のyoutuberな方々が盛んに宣伝しているメーカーです。
しかし、公式ショップを覗いてみても日本からは購入できません。
なので、僕はcablemodのケーブルは日本からは買えないと思っていたんですが・・・
・http://www.performance-pcs.com/
ここで売ってました。
水冷パーツなんかも豊富に取り揃えたサイトです。
サイトを良く見ると割引クーポンなんかが転がっているみたいなので少し探すと良いかもしれません。
利用する場合PayPalを使えるようにしておくと良いと思います。
クオリティ
llc20160317b.jpg
一式でこんな感じ。
ロゴデザインに何となくレトロな潔さみたいなものが感じられます。
こういうアナロジーな物を丁寧に作っていますよ的な自信の表れなのかもしれません。
本音を言うと汎用性のある「白黒ツートン」が欲しかったんですが、既に在庫が無く公式ショップにすら無く、今後入荷されるかも全く不明だったので「青黒ツートン」にしました。
llc20160317c.jpg
ケーブルはこんな感じ。
僕が今まで使っていたCorsairのスリーブケーブルと比べた場合、cablemodのケーブルは大分柔らかいです。
かといって「ぐにゃ」っとなる程ではなく、適度に形状を維持できる柔らかさです。
また、コネクタの根元からスリーブ化されている為、ケーブルの取り回しの良さもcabalemodが上です。
個人的には、入手性と在庫状況のまずさが許せるならばcablemodのスリーブを買うべきだと思いました。
良くも悪くもCorsairのスリーブケーブルは非常に硬く一癖あるので。
ぶっちゃけ
ケーブルなんてデフォルトで付属しているもので十分です。
でも一回スリーブ使ってしまうともう駄目です。
「この発狂寸前の”けーぶるまねーじめんと()”という苦行を軽減できるのならば諭吉の一枚や二枚・・・」
そうなってしまいます。
llc20160317d.jpg
そういえばオマケで↑がついてきました。
スリーブをいい感じでまとめるアレです。
この画像のアレは何か白っぽいですが、これは僕が傷防止用のシールに気付かず撮影したことによる弊害で実際は透明なアクリルです。
しかもこの傷防止シールがシールである事に気付かず、シールの赤い部分を白で塗ったりしたなんて恥ずかしくてとても言えません。
何となく夕飯食べながら「あれ、もしかしてあれシールなんじゃね?」なんて思ったなんて馬鹿らしくてとても言えません。
そんなわけで・・・
スリーブ化するならcablemodのケーブルを視野に入れて電源選んだりすると良いかもしれません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
Copyright (C) snusmumriken.blog.so-net.ne.jp All Rights Reserved.
L.L.C さんの記事から