So-net無料ブログ作成

第14章 - ハテノ村周辺散策 - [ゼルダの伝説 BW 冒険日記]

zelda_bw_top.jpg
llc20171121a.jpg 記憶の一つを回復したリンクは一路ハテノ村へ。
ハテノ村を起点に周辺探索に乗り出す事にした。
まずリンクはハテノ村の住人との交流を深める事にした。
「うぉ、ウツシエZoom出来るやん」
何か間違った方向へひた走るリンク。

llc20171119a.jpg ハテノ村をウロウロしているとモブ集団に羊を奪われ困っている人を発見。
言うまでもなく、ここは勇者の出番だと思ったリンクは、ハテノ村付近ハテノビーチの雑魚殲滅を申し出る。

llc20171119a.jpg ハテノビーチ海岸沿いに進んで行くと、それらしい雑魚の塊を発見。
結構数が多いなと思ったリンクは夜中に奇襲を仕掛ける事にし、付近で火を起こし夜を待った。

暗殺者リンクは寝込みを襲い敵の殲滅を図ったものの、異常に固いゴブリンのおかげで途中バレる。
しかもなんかデカいゴブリンも居た。
また、モブが殆ど槍をもっており、攻撃の発生が早くラッシュに持ち込むのが難しい。
とは言え所詮は雑魚。
リンクは結構被弾しつつもゴブリンの集団を撃破する。

llc20171119a.jpg ゴブリンを殲滅したことを少女に伝えると、リンクはお礼にミルクを貰った。
そしてリンクの戦闘力53万イケメンビームがツンデレ少女をノックアウトしていた。
恐るべしリンク。

llc20171119a.jpg リンクは次にもうちょっとスタミナが欲しかったので祠の攻略を優先する事にする。
丁度マークしてあった二つの祠へ行けそうなので、リンクは遥か彼方に見える祠へ向かう。

llc20171119a.jpg 途中山頂で妖精のいる小さな湖を見つける。
スタミナ厨の我がリンクはなかなかハートにパワーアップをさけない為、妖精が重要だったりする。
リンクは早速この場所をマークしておいた。

llc20171119a.jpg 山頂を駆け回っていると、なんだろう、牡牛?なんていうのか忘れてしまったがデカいヤギがいた(違
どんな肉が採れるんだろうとリンクは一瞬思ったが、やっぱり中立動物は「青いヤギ(私怨」以外殺したくなかったのでやめておいた。

llc20171119a.jpg 祠の手前にてゴブリンの住処を発見。
しかし彼らはどうやって岩をドクロ型に切り抜いているのだろう・・・

見張り台のゴブリン暗殺に失敗したリンクはゴタゴタの集団戦に突入。
「ちっ群れたところで雑魚は雑魚」
リンクはザックザックとゴブリンを槍で突き崩す。
ノリノリでモブを蹴散らすリンクに突然、天の声が響き渡った。
”バッテリーが切れました”
金縛りにあったように突如動けなくなるリンク。
「な、なんだこれは!」
っていうかコントローラーのバッテリーが切れました@管理人

適当にスイッチコントローラーを充電した後、気を取り直してゴブリン砦を攻略するリンク。
今度はうまく見張りモブを暗殺。
ドクロ砦に爆弾をひたすら放り込みモブを爆殺、残党を蹴散らして無事雑魚全滅完了。
っていうか、コントローラーの電池は結構突然無くなるみたいなので、バッテリーが少ないよ警告が出たら充電した方が良さそうです。
まあ最近全然充電してなかったので、10時間~12時間程度かな多分、そのぐらいで無くなるっぽい。

llc20171119a.jpg ゴブリン砦から少し山を登ると「ムオ・ジームの祠」到着。

ここは大変わかり易いバトル一本の祠。
出現するガーディアンを撃破すればクリア。
斬撃が異常に速いのでラッシュを狙わず堅実に相手を殴るリンク。
結構固いが動きは読み易く、ある程度苦戦しつつガーディアン撃破。

llc20171119a.jpg 克服の証ゲット。

llc20171119a.jpg そしてこの祠から遥か眼下に祠がもう一つ。

llc20171119a.jpg 「チャス・ケタの祠」、無事着陸。

ここはさっきの「ムオ・ジームの祠」の強化版の祠。
ガーディアンを倒すだけの祠だが、「ムオ・ジームの祠」より強い。
実は地図上ではこの地域を外れていたりするので、何かちょっと来る順序が違うのかも。
まあとにかく固く、手持ち武器が次々大破。
攻撃方法は「ムオ・ジームの祠」のガーディアンと殆ど同じなので武器が無くなりつつも最後は爆弾で難なく撃破。

llc20171119a.jpg 克服の証ゲット。
ちなみにガーディアンが落す装備はめっちゃ格好良いです。
完璧にライトセーバーみたいな。

llc20171119a.jpg 海を眺めるリンク。
「ゼルダ姫って今おばあちゃんなのかなぁ・・・」
漠然とそんな事を思うリンクでありました。
続く

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第13章 - 写し絵の記憶 ラネール参道 - [ゼルダの伝説 BW 冒険日記]

zelda_bw_top.jpg
llc20171121a.jpg 写し絵のアルバムに残された、100年前ゼルダが撮った絵の現場に向かい、自身の記憶の回復を試みる事にしたリンク。
どうしたもんかとカカリコ村をうろついていると、さすらいの絵師カンギス氏にクエストマークが付いているのを発見。
そう言えば大妖精の泉が見たい見たいと言っていたカンギス氏は最近、泉の場所の目星が着いたという。
これから泉に向かうんだけど君も来るかい?との事。
リンクは同行する事にする。

llc20171119a.jpg 途中まで行ったところでカンギス氏は疲れ果て、これ以上進めないから君が写真撮ってきてとか言いだす。
「っていうかすぐそこなんですけど」
と思いつつもリンクは大妖精の泉を写し絵で保存、カンギス氏に見せてやる。
「・・・これが大妖精の泉・・・」
カンギス氏のもの凄く微妙な反応・・・
気持ちはわかる、どう見ても禍々しい、ボスが出てくる感じだ。
ちょっと当惑しながらも「まあいいや」みたいな感じのカンギス氏。

llc20171119a.jpg 世界を旅して回っているらしい絵師であるカンギス氏なので、ゼルダが撮った写し絵についても何か知っているかもしれないと思ったリンクは、その辺を聞いてみる。
するとどうやらカンギス氏は一枚の写真に見覚えがあるらしい。
カンギス氏曰く、この写真の場所はラネール山の辺りとの事。
フムフム・・・
ラネール山ね・・・

llc20171119a.jpg 地図上だとここ。
ハテノ研究所から北へ向かえば一番近い感じ。
またも直線距離で物を考えてしまったリンク。

リンクは一路「ハテノ古代研究所」へ、そして色々すったもんだあった様子について興味のある方は動画ダイジェストにて。
結論から言って、高低差をもろともせず直線で目的地へ突っ込んだリンクは見事に途中道を間違い死亡。
「何か敵が固いと思ったんだよね」
職業:剣士 年齢:15歳 自称リンク氏は等と申しており・・・

llc20171119a.jpg 何か目的地を間違った気がしたリンクは再度地図をよく見たり、カンギス氏の言葉を再度聞きに行ったりする。
そしてよくよくマップを見たところ「ネルドーラ雪原」こそが本当の目的地だった事に気付く。
「何て言うか景色?雪景色でしょ?違うような気がしたんだよね」
等と申しており・・・

llc20171119a.jpg しかし・・・
懲りずにハテノ古代研究所から直線で「ネルドーラ雪原」へ突っ込むリンク。
多分・・・
カカリコ村を東に進むのが正しかったのだろう。
しかし、その事実にリンクが気付くのは全て片が付いた後である事は言うまでもない。

llc20171119a.jpg そもそも逆方向から雪原に突っ込んでいる為、それらしい風景が無い・・・
しかし、リンクの野生の勘はそれらしい街道っぽいものを感知、それとなく正しい道を進んで行く。

さて、しばらく進むと汚い巨人を遠くに発見する。
すかさず弓を打ち込むと案の上バトル開始。
ある程度ぶん殴られつつ立ち回りを覚え勝利を予感するリンク。
しかし、戦いの最中ちょくちょくゴブリンが弓矢を放ってきて小賢しい。
「先に弓ゴブリンを蹴散らすか」
スタスタ弓モブに走り寄るとモブの氷の矢が命中。
「Oops!(即死」
アディオース、リンク。

llc20171119a.jpg 激昂したリンクは弓ゴブリンを真っ先に潰しにかかる。
「この糞もb・・Oops!(即死」
アディオース、リンク。

リンクはどうやらそれが弓モブでは無い事を理解する。
ただならぬ覇気。
これはもはや生死をかけた戦いになることを覚悟するリンク。
次々壊れる武器、盾、弓、食材・・・
しかし、ただ一つ決して尽きぬもの・・・
「ライネル、おまえが弱かったんじゃない、僕の胃袋が異常だったのさ・・・(名言」
危うい一線で勝利するリンク。

llc20171119a.jpg 今しがたリンクが戦っていた場所のすぐ後ろ、実はそこが今回の目的地。
つまり・・・
普通、カカリコ村からここに来た場合、別にライネルと戦う必要は無かったであろうに・・・
まあ結果オーライという事で。
ズダボロになりながらもリンクは目的の地、ゼルダとリンクが100年前共に訪れた地へ到着する。

在りし日の地へ到着し、リンクは100年前の出来事を思い出す。
決戦の直前、ゼルダ姫はガノンを封印する力を得るためにここに訪れ、その力を獲得する事に失敗。
そしてガノン復活。
どうやら100年前の戦い、色々難しい状況があったようだ。

llc20171119a.jpg 記憶が戻った事を伝えに一旦インパの元へ戻るリンク。

llc20171119a.jpg 経緯を伝えるとインパは特に当たり障りの無い事を言いながら「英傑の服」をリンクに授けた。

llc20171119a.jpg 早速装着するリンク。
いかにもリンクという感じ。
さて、失われた記憶の回復は思いのほか難航するかもしれない事を予感するリンクでありました。
続く

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第12章 - ハテノ古代研究所 - [ゼルダの伝説 BW 冒険日記]

zelda_bw_top.jpg
llc20171121a.jpg 西ハテール地域を大体踏破したリンクは、シーカーストーンの機能修復の為に「ハテノ古代研究所」へ向かう。

llc20171119a.jpg とりあえず馬を取りに馬宿に戻り、いっぬと戯れる。

llc20171119a.jpg 以前訪れたハテノ砦を抜け西ハテール地区を離れるリンク。

llc20171119a.jpg ハテノ砦内にてカリーユ氏と出会う。
氏はどうも何か研究者らしいが何を言っているのかはよくわからなかった。
何か祠に関する重要な事を言ってる気がしたのでスクショしておく事にした。

途中ゴブリンを爆殺しておいた。
「燃えろぉ・・・燃え尽きてしまえ・・・(暗黒面」

llc20171119a.jpg 途中何か具合が悪そうな人がいたので話しかけるとやっぱりイーガ団のモブだった。
サクッと蹴散らす。

llc20171119a.jpg 進んで行くと塔を発見。
進路からそう外れないので先に塔の起動に向かう。

途中、久々に鼻ゴブリンを何体か発見。
図体がデカく顔もデカいのでヘッドショットの練習に丁度良い。

llc20171119a.jpg しばらく進むとハテノ塔到着。
茨が巻き付いていて登りにくいので、スタミナを強化していない場合ドーピング薬があった方がいいかも。

llc20171119a.jpg スタミナ厨の我がリンクは軽く支柱を昇りきり頂上へ到達、そのまま塔を起動。
この地域の地図を開放する。

llc20171119a.jpg ハテノ塔頂上から眺める丁度良い夕方の景色。
正面僅か右にハテノ村が見える。

ここからハテノ村まではパラセールで大体ひとっ飛び。
いやーこれは爽快。
ご満悦のリンク。

llc20171119a.jpg ハテノ村到着。

llc20171119a.jpg 村に入る前にシーカーセンサーがピコピコうるさいので村付近の祠攻略へ向かうリンク。
村のすぐ脇、「ミャマ・ガナの祠」到着。

llc20171119a.jpg 何とこの祠のメインは「ジャイロ」。
任天堂スイッチのコントローラーに備わった傾きを検知するジャイロ機能。
そのジャイロを活かした誰もがやった事のある玉転がし、それがこの祠のメインフューチャーだ!!@任天堂
しかし・・・これが・・・
「糞面倒くせぇ・・・」
「ジャイロはダメだ、ジャイロだけはだめだ・・」
ブツブツ呟きながらチマチマ玉を転がすリンク。

llc20171119a.jpg かなり時間を取られたものの何とかジャイロという魔物を切り抜けるリンク。
克服の証をゲット。
ちなみに、この祠の宝箱には良い弓が入っているので回収必須。

llc20171119a.jpg さて、一路ハテノ村へ戻りソテツ氏に村の案内をお願いするリンク。
一応適当にソテツ氏は村を案内するが、ぶっちゃけ大して役には立たない。
半ばソテツ氏を放置気味に村を散策するリンク。

ハテノ村には装備の染色屋がある。
それっぽい色の素材を5個使って装備の色を変える事が出来る。
リンクはとりあえず忍タイツ装束をパープルにしてみた。

llc20171119a.jpg 村をあらかた見て回ったリンクは丘の上にあるらしい目的地
「ハテノ古代研究所」向かう。
研究所は意外とこじんまりしていて、何かこうジブリっぽかった(え

llc20171119a.jpg 研究所の中には等身のおかしいキッズが一人、奥にじいちゃんが一人居た。
所長は奥のじいちゃんらしい。

llc20171119a.jpg 色々じいちゃんと話を進めると、等身のおかしいキッズ「プルア」が本当は署長であるという事がすぐにバレる。
このプルア所長・・・
「チェッキー」
とかよく言っているが、今も昔もそんな言葉が流行った事なんて無いし・・・
いったいこのキッズは何語を喋っているか、むしろ病院を案内するべきなのか・・・
リンクは一瞬当惑した。

ここからプルア所長とリンクのショートコントが繰り広げられる。
プルアは100年前、インパと共にリンクを回生の祠に保護した人間の一人であり、もちろんリンクを覚えているらしいが、リンクはこんなメンヘラキッズ等知りもしなかった。
また、シーカーストーンに様々な機能を搭載させたのはプルアであり、シーカーストーンについての知識は正に設計者レベル。
とりあえず、古代炉から「青い炎」を持って来てくれたらシーカーストーンの基本機能を取り戻してくれる、という事らしい。
多少頭がおかしいが、中々愉快なキッズだったのでリンクは条件を承諾することにした。

llc20171119a.jpg ちなみに研究所の上にある部屋にはプルアの日記があり、プルアがキッズになった理由やリンクの過去何かが多少読み取れる。
やはり、リンクは昔から史上稀にみる天才青年剣士だったようだ。
無理も無い、本来世に出るべきでは無い御剣流の継承者なのだから(違
「何々・・・最近シモンの目つきがマジエロイ なんなのアイツ マジムカツク・・・と」
「こいつはダメだやっぱり早く病院に行った方が良い」
リンクはボソっっと呟いた。

llc20171119a.jpg さて、リンクは青い炎のある古代の祠へ向かう。
向かうと言っても研究所からひとっ飛びで到達した。

llc20171119a.jpg たいまつに青い炎を移し研究所へ向かうリンク。

llc20171119a.jpg 研究所入り口の台座?に火を移せばミッションコンプリート。

llc20171119a.jpg そんなわけでシーカーストーンの基本機能「ウツシエ」が復元。

llc20171119a.jpg ウツシエとは要はカメラ、完全にカメラ、つまりシーカーストーンはスマホみたいなもんなわけです。
まぁこれ結構面白い機能です。
人物何かをアップに出来るので。

llc20171119a.jpg そして、基本機能が復活したリンクのシーカーストーンには最初から何枚かの画像が残されている。
どうもその画像はゼルダ姫が撮ったものらしく、プルア曰く、リンクはゼルダお付きの騎士だった為その場所に同行していたはずである、と。
ともすれば、その場所に訪れればリンクの記憶が戻るのでは無いのか、との事。
また、ゼルダについてはインパの方が詳しいのでその辺インパに聞いてみてはとの事。
なるほど、キッズにしては悪くない発想だ。

llc20171119a.jpg ちなみに、プルアは古代の部品と引き換えにシーカーストーンの機能を拡張、強化する事が可能。
特に便利っぽいのが「シーカーセンサー+」
ウツシエで素材なんかを撮影、それをマップ画面からシーカーセンサーに登録する事でシーカーセンサーが反応する対象を任意に変更する事が出来るという機能。
これは使いようによって良いんじゃないかと。
ただシーカーセンサーは細かい場所の特定が結構難しいのがなんとも微妙ではあるかも。

llc20171119a.jpg そんなわけでリンクは一路カカリコ村、インパの屋敷へ。

llc20171119a.jpg インパの意見は大体プルアと同じ。
とりあえず一箇所、写し絵の場所を訪れた後また来なさい、との事。

llc20171119a.jpg 克服の証が四つ揃ったので、とりあえずスタミナを増強するスタミナ厨リンク。
今回ハテノ古代研究所を訪れた事によってリンクの目的は二手に分かれる。
・一つは四神獣の奪還。
・もう一つはリンクの記憶の回復。
リンクはまず、記憶の回復を優先しようと思った。
それが自身を更に強くすることに繋がるだろうと予想するのだった。
続く

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
8bit世代な管理人が頑張って作っているブログのようなもの。
主に日常を垂れ流す事に専念した内容がほとんど。
また、自分はゲーマーであるという事にしてゲームをちょくちょくプレイして記事にしたりする。

作っている人
「L」Laridae カモメ科
「L」Larus カモメ属
「C」Canus カモメ
=L.L.C
「そんじょそこらのカモメじゃねぇ、俺は生粋のカモメなんだ」という熱い想いが込められたニックネーム。
Copyright (C) snusmumriken.blog.so-net.ne.jp All Rights Reserved.